いきなり答える備忘録

Google Workspace(旧G Suite)・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモ

Googleドキュメント

(Gドキュメント)図形描画の使い方

Googleドキュメントで図形等を作成するのに用いる図形描画キャンバスの使い方についてです。 すべての機能は膨大になりますので、ここでは図形等の作成と装飾・加工を中心に紹介します。 メニューから「挿入」→「描画」→「新規」と選択すると図形描画のキャ…

(Gドキュメント)箇条書きを階層(入れ子)にする

Googleドキュメントで、複数の階層からなる箇条書きを作る方法についてです。 箇条書きの途中でShiftキーを押すか、メニューからインデント増のアイコンをクリックすれば箇条書きの階層を下げることができます。 同じくShift+Tabキーを押すか、メニューから…

(Gドキュメント)箇条書きの記号(行頭文字)をハイフンにする

Googleドキュメントの箇条書きでは行頭の記号(行頭文字)を選べますが、ハイフン( ‐ )はありません。 そこを何とかしてハイフンを指定する方法です。 いずれかの行頭文字の上で右クリックし、「その他の記号」を選び記号を検索すれば行頭文字をハイフンに…

(Gドキュメント)図形を自由に移動させる

Googleドキュメントで作成した図形は、そのままでは自由に移動できない設定となっています。 これをWordなどと同じように自由に移動させる方法についてです。 図形を選択した状態で「テキストの前面(背面)」のアイコンをクリックすると図形を自由に移動さ…

(Gドキュメント)吹き出しを作る方法

Googleドキュメントで吹き出しを作成する方法についてです。 メニューから「図形」→「描画」→「新規」と選択します。 図形描画のキャンバスが現れるので、図形のアイコンをクリックし、メニューから「吹き出し」を選び、候補から適当な吹き出しを選択します…

(Gドキュメント)表のセルを分割する

Googleドキュメントで、表の中のセルを複数のセルに分割する方法についてです。 対象となる1つのセルを右クリックして、メニューから「セルを分割」を選択することでセルを複数に分割できます。 複数のセルをさらに分割する場合は、それらのセルをいったん結…

(Gドキュメント)正規表現のキャプチャを使った置換はできない

Googleドキュメントの「検索と置換」で、正規表現のキャプチャグループを使った置換を行ったときの結果についてです。 キャプチャグループを使った置換はできません。置換先として「$1」と指定しても単にリテラル(文字)の「$1」に置き換えられます。(2022…

(Gドキュメント)箇条書きの途中で改行する

Googleドキュメントの箇条書きや番号付きリストの途中で、次の項目に移ることなく単に改行を行う方法です。 箇条書きや番号付きリストの途中で「Shift+Enter」の同時押しをすることにより、(次の項目に移ることなく)項目内で改行をすることができます。手…

(Gドキュメント)番号付きリストの開始番号を変える

Googleドキュメントの番号付きリストの番号は通常1から始まりますが、これを変更する設定についてです。 リストの最初の項目を右クリックし、メニューから「開始番号」を選択することで、開始番号(もちろんそれ以降も)を変えることができます。 リストの最…

(Gドキュメント)表の枠線(罫線)を非表示にする

Googleドキュメントで、表の内部の各セルは残しつつ枠線(罫線)を消してしまう方法についてです。 表の枠線(罫線)の色を背景色と同じにするか、幅を0ポイントにすると枠線は表示されなくなります。 枠線幅を0ポイントにした場合、表のサイズがわずかに変…

(Gドキュメント)画像に枠線を付ける

Googleドキュメントで、画像に枠線を追加する方法についてです。太さ、色、線種の指定ができます。 画像を選択した状態でウインドウ上部の「枠線の太さ」のアイコンをクリックして適当な太さを選択すれば画像に枠線がつきます。 「枠線の色」のアイコンと「…

(Gドキュメント)表の塗りつぶし(背景色の設定)

Googleドキュメントで、表の塗りつぶし(背景色の設定)を行う方法についてです。 対象のセルを選択した状態で、ウインドウ上部にあるバケツのアイコンをクリックすれば表を塗りつぶすことができます。 バケツのアイコンが見えない場合は「・・・」のアイコ…

(Gドキュメント)表の位置を左・右・中央に寄せる

Googleドキュメントで、表の全体をページの左・右・中央に配置する方法についてです。 表を右クリックして「表のプロパティ」を選択します(表の中にカーソルがある状態でウインドウ上部から「表示形式」→「表」→「表のプロパティ」と進んでもOK)。 ペイン…

(Gドキュメント)表の並べ替えをする

Googleドキュメントで、表内のセルの値を基準(キー)にして行の並べ替え(昇順/降順)を行う方法です。 なお、手動で行・列を移動させる方法については別記事(こちら)で紹介しています。 並べ替えの基準となる列の先頭行にマウスポインタを合わせ、3本線…

(Gドキュメント)表の行や列を移動させる(入れ替える)

Googleドキュメントで、表内の行や列を移動させて結果的に入れ替える方法についてです。 行(列)の先頭のセルにマウスポインタを移動させたときに現れる、灰色の点が並んだアイコンをドラッグすると行(列)を移動させることができます。 手順 列を移動させ…

(Gドキュメント)表の見出し行を各ページに表示させる

Googleドキュメントで、ページをまたいでいる表の見出し行(タイトル行)を次ページ以降にも表示させる方法についてです。 表の左端の列にマウスポインタを移動させ、出現するアイコンのうち押しピンのアイコンをクリックすると、その操作を行った行までが見…

(Gドキュメント)文章中の青い波線を消す

Googleドキュメントで、文字の下に表示される青い波線を消す方法についてです。 なお青い波線は校正機能によるもので、文章の訂正案(置換候補)があることを表しています。 波線がついたテキストをクリックし、吹き出しから「⭙」(マルの中にバツ)の記号を…

(Gドキュメント)表の列幅を揃える

Googleドキュメントで、表の列幅が均等になるよう調整する方法についてです。 表の内部で右クリックし、メニューから「列の幅を均等にする」を選択すると、列の幅が揃います。 表の内部にカーソルを置き、ウインドウ上部のメニューから「表示形式」→「表」→…

(Gドキュメント)チェックボックスを使って入力させる

Googleドキュメントで、チェックボックスを使ってクリックで入力させる方法についてです。 メニューから「チェックリスト」のアイコンを選択することで、チェックボックスを使った入力をさせることができます。 手順 基本的なチェックボックスの作成 チェッ…

(Gドキュメント)ページ間余白・ヘッダー・フッターを非表示にする

Googleドキュメントで、ページ間の余白部分(ヘッダーおよびフッターを含む)を非表示とし、本文だけが連続しているように表示させる方法です。余白部分は非表示にしていても印刷はされます。 メニューから「表示」→「印刷レイアウト(チェック付き)」と選…

(Gドキュメント)ページ番号を表示する

Googleドキュメントで、各ページにページ番号を表示する方法についてです。 メニューから「挿入」→「ページ番号」と選択し、さらに4種類のアイコンから適当なものを選択することで各ページにページ番号を表示することができます。手順 メニューから「挿入」→…

(Gドキュメント)図形を半透明にする

Googleドキュメントで、図形の塗りつぶし色の透明度を設定する方法についてです。 図形描画のダイアログ上で対象となる図形を選択し、塗りつぶしのアイコンを選択します。 パレットの下部に表示される「⊕」のマークをクリックします。 さらに小さなダイアロ…

(Gドキュメント)透かし文字を入れる

Googleドキュメントで「秘密」「緊急」といった文字を文書の背景のように入れる、いわゆる透かし文字を設定する方法についてです。 図形描画を使ってテキストボックスを配置し、これをテキストの背面に置くことで透かし文字を作成することができます。 ヘッ…

(Gドキュメント)各ページ共通の背景画像を設定する

Googleドキュメントで、背景画像を設定して各ページに反映させる方法についてです。 2021年6月ごろに使用可能となった、テキスト背面への画像配置を利用すれば背景画像は簡単に設定できますが、ここでは一度で各ページに反映されるよう設定してみます。 ヘッ…

(Gドキュメント)縦向きと横向きのページを混在させる

googleドキュメントで縦長のページと横長のページを1つのドキュメント内に混在させる方法についてです。 以前はできませんでしたが、2021年1月には使用できるようになりました。 セクション区切りを挿入すると、セクションごとにページの縦・横を設定できま…

(Gドキュメント)フォントサイズを10.5ポイントにする

Googleドキュメントで10.5ポイントのフォントサイズ(ポイント数)を指定する方法についてです。 フォントサイズの設定欄をクリックして(半角で)「10.5」と直接入力することで10.5ポイントのフォントにすることができます。 サイズは0.5ポイント単位で設定…

(Gドキュメント)画像の上に文字や図形を重ねる

注:一般的な背景画像(本文テキストの背面に置く画像)の設定については別記事(こちら)にまとめています。 Googleドキュメントで、テキストの回り込みを適用した画像の上に文字等を重ねる方法について紹介します。 メニューから「挿入」→「描画」→「新規…

(Gドキュメント)番号付きリストのプレフィックス・サフィックス

Googleドキュメントで番号付きリスト(1,2,3…やA,B,C…などの番号が付いた箇条書き)を作成した際に、番号の前後に独自の文字列を付加して「第1位」とか「Aクラス」といった表記を行う方法についてです。 番号の前に付加される文字列をプレフィックス、後に付…

(Gドキュメント)取り消し線(打ち消し線)を引く

Googleドキュメントで、文中の文字に取り消し線(打ち消し線)を引く方法についてです。 対象となる文字列を選択した状態で、メニューから「表示形式」→「テキスト」→「取り消し線」と選択すれば取り消し線が引けます。 ショートカットキーはAlt+Shift+5です…

(Gドキュメント)自動置換の設定と解除

Googleドキュメントで、例えば「(C)」と入力すると自動的に「」に修正される、自動置換の設定とその解除についてです。Wordでいうところのオートコレクトの機能の一部(自動修正)に相当します。 メニューから「ツール」→「設定」と進み、ダイアログの「置換…