(Gスプレッドシート)改行をはさんで文字列を結合する

Googleスプレッドシートで、文字列の間に改行を挿んで結合する方法についてです。 改行は「CHAR(10)」で表すことができますので、式の中でこれを使って文字列を結合すれば改行を挿んだ結合になります。 手順 &演算子を用いる方法 JOIN関数を用いる方法 TEXTJ…

(Gスプレッドシート)塗りつぶし色・テキスト色でフィルタをかける

Googleスプレッドシートで、セルの塗りつぶしの色やテキスト(フォント)の色に基づきフィルタをかける方法についてです。 フィルタ機能により特定の塗りつぶし色、テキスト(フォント)色を指定してデータを抽出できます。手順 簡単なリストがあります。 「…

(Gスプレッドシート)組織図を作成する

Googleスプレッドシートでは、グラフ機能の一種として組織図を作成することができます。 グラフの種類として組織図が用意されています。 用意しておくデータの形式に注意が必要です。手順 組織図を作成する際は、まず用意しておくデータの形式を覚えておく必…

(Gスプレッドシート)円グラフの一部を切り出して強調する

Googleスプレッドシートで、円グラフのうち一部のスライスを外側に引っ張り出したように表示して強調する方法についてです。 ウインドウ右側のグラフエディタのペインから「カスタマイズ」→「円グラフのスライス」と選択し、すぐ下のプルダウンから対象とす…

(Gスプレッドシート)レーダーチャートの線を直線にする

Googleスプレッドシートでレーダーチャートを作成すると、線が丸みを帯びた形で表示されます。これを直線にする方法についてです。 右側の「グラフエディタ」のペインから「カスタマイズ」→「グラフの種類」と進み「平滑線」のチェックを外すことで線が直線…

(Gドキュメント)偶数ページと奇数ページで異なるヘッダーを指定する

Googleドキュメントで、偶数ページと奇数ページのヘッダーの内容を別々に指定する方法についてです。 「挿入」→「ヘッダーとフッター」→「ヘッダー」→「オプション」→「ヘッダーの形式」と進むことで偶数ページと奇数ページのヘッダーを個別に設定することが…

(Gスプレッドシート)度数分布を返す関数(FREQUENCY関数)

Googleスプレッドシートで、度数分布(数値データをいくつかの区間に分類し、それぞれの区間に属するデータの数を数えたもの)を作成するときに使えるFREQUENCY関数についてです。 FREQUENCY関数を使って対象データと区間を表す配列を指定することで、度数分…

(Gスプレッドシート)SWITCH関数はARRAYFORMULAなしでも配列を返す

GoogleスプレッドシートのSWITCH関数の挙動についてです。 SWITCH関数はARRAYFORMULA関数と組み合わせなくても第1引数に配列を与えれば配列を返します。手順 いきなりですが結果です。 C3セルに次の式のような式を入力することで、B3:B7に記録された値(評価…

(Excel)1から100までの偶数/奇数の和を求める

Excelで1から100までに含まれる偶数の和と奇数の和をそれぞれ求める方法についてです。 お約束として和の公式は用いず、1から100までの数値を出力した上で算出するものとします。 SUM関数とEVEN関数、SUM関数とISEVEN関数といった組み合わせで1から100までの…

(Gスプレッドシート)金種計算をする

Googleスプレッドシートで金種計算表を作る方法についてです。ここでは基本的な、2000円札を含めない場合の例を示します。 INT関数を基本とした計算により、金種計算を行うことができます。手順 画像は結果です。 B3:B5には金種計算の対象となる金額が、C2:K…

(Gスプレッドシート)加重平均を求める関数(AVERAGE.WEIGHTED関数)

Googleスプレッドシートには、簡単に加重平均を求められる専用の関数があります。 AVERAGE.WEIGHTED関数で値の配列とウェイトの配列を指定することにより、加重平均を求められます。ウェイトの総和を考慮しなくともよいのがメリットです。手順 C3:C7に5つの…

(Gスプレッドシート)順列を列挙する

Googleスプレッドシートで順列を列挙する方法、具体的にはn個の値を重複なく取り出す順番の組み合わせを列挙する方法についてです。 n!通りの値と対応付ける方法も可能ですが手順が長くなるため、以下では計算量を度外視して1つの式で済ませる方法をとってい…