(Gスプレッドシート)2つの列を比較して重複する値(重複しない値)を抽出する

Googleスプレッドシートで2つの列を比較し、一方の列に存在する値のうち、もう一方の列にも存在するもの(または存在しないもの)を抽出する方法についてです。 FILTER関数とCOUNTIFを用いることで、2つの列の値の一致・不一致を判定して値を抽出できます。 …

(Excel)区切り文字による文字列の分割を関数で行う

Excelで、カンマやハイフンなどで多数に区切られた文字列を分割して横方向のセルに展開する方法についてです。メニューで実行する方法もありますがここでは関数で実現してみます。 VBAのSplit関数の再現です。 MID関数、SUBSTITUTE関数、SEQUENCE関数などの…

(Gスプレッドシート)文字列を逆から並べ替える

Googleスプレッドシートで、文字列を逆に(後ろから)並べ替える方法についてです。 Excel(VBA)などにあるStrReverse関数の再現です。 MID関数とSEQUENCE関数等を利用して文字列を逆から並べ替えることができます。手順 B3セルに文字列が記録されていますの…

(Gスプレッドシート)QUERY関数でのIN及びNOT INの代替手段

GoogleスプレッドシートのQUERY関数のオプションにはSQLライクなWHERE句があるものの、それに続くIN句(演算子)及びNOT IN句(演算子)がありません。 そこで代わりになる方法の一例を示します。 MATCHES句で比較対象を列挙できるのでIN句の代わりにするこ…

(Excel)縦持ちのデータを横持ちに変換する

Excelで、縦に並んだ表の値をグループごとに分類して横方向に並べる、いわゆる縦持ちから横持ちへの変換を関数で行う例です。 UNIQUE関数等を利用して縦持ちの表を横持ちに変換することができます。手順 B3:C10の範囲に、対象となる縦持ちのデータが並んでい…

(Excel)文字列を逆に並べ替える

Excelでセルに記録されている文字列を逆から(後ろから)並べ替える方法についてです。 VBAだとStrReverse関数がありますが、ここでは別の方法を試してみます。 SEQUENCE関数を利用して、文字列を逆から並べ替えることができます。手順 B3セルに文字列が記録…

(Gスプレッドシート)表を縦・横に連結する式

Googleスプレッドシートで、既存の2つ以上の表を縦横に連結する(内容に関係なく、1つの表のように隙なくつなぐ)ための式の表記方法についてです。 値を縦横のセルに展開する記法と基本的に同じです。 波カッコ({ })、カンマ(,)、セミコロン(;)を使っ…

(Excel)文字列を1文字ずつ分割する

Excelでセルに入力されている文字列を1文字ずつ分割して各セルに表示する方法についてです。 SEQUENCE関数を利用することで文字列を分割することができます。 複数行複数列にわたって分割することもできます。手順 B2セルに対象となる文字列が記録されていま…

(Gスプレッドシート)万年カレンダーを作成する

Googleスプレッドシートで簡易な万年カレンダーを作成する方法についてです。テンプレートに毎年のカレンダーが用意されているため必要性は薄いですが、表計算ソフトの学習における定番の「例題」といえます。 ここではSEQUENCE関数などを使い、1セルへの入…

(Gスプレッドシート)文字列の全部・一部に下線を引く

Googleスプレッドシートで、文字列に下線を引く方法についてです。 メニューから「表示形式」→「下線」と選択することで、文字列に下線を引くことができます。 CtrlキーとUキーの同時押しでも下線を引くことができます。文字列の一部に下線を引く場合はこち…

(Gスプレッドシート)文字列を結合する関数4種の比較

Googleスプレッドシートでは文字列を結合する関数がいくつか用意されていますが、名称と機能がまぎらわしく、しかもExcelの同名関数と機能が異なったりもしますので混乱しやすいです。 そこでそれぞれの機能をまとめ、違いを比べてみました。 文字列を結合す…

(Gスプレッドシート)グラフに近似直線(曲線)・近似式・決定係数を表示する

Googleスプレッドシートで、散布図等のグラフに近似直線(回帰直線)や近似曲線、近似式、決定係数を表示する方法についてです。 散布図や折れ線グラフ、棒グラフではグラフを右クリックし「系列」メニューに進むことで、近似直線(曲線)や近似式、決定係数…