いきなり答える備忘録

G Suite・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモと日々の実験

Googleスプレッドシート

(Gスプレッドシート)郵便番号から住所を取得する

Googleスプレッドシートで、入力された郵便番号をもとに住所を取得する方法についてです。 ここでは、無料で利用できる郵便番号検索APIから関数を使って都道府県・市区町村・町域名を取得する例を紹介します。 関数を使い、ネット上で提供されている郵便番号…

(Gスプレッドシート)区切り文字なしでJOIN関数を使う

GoogleスプレッドシートのJOIN関数のちょっとした活用についてです。 JOIN関数で区切り文字を空文字列("")にするか省略(カッコ内をカンマからはじめる)すれば単純に文字列を結合できます。CONCATENATE関数より若干記述を短くできます。手順 画像ではE3セ…

(Gスプレッドシート)郵便番号にハイフンを入れる

Googleスプレッドシートで、郵便番号が数字のみで記録されているときにハイフンを入れる方法についてです。 表示形式(書式設定)の設定により、ハイフンを入れて表示させることができます。このときカスタム数値形式を使うため、番号は(文字列として記録さ…

(Gスプレッドシート)空き番のない順位を求める

Googleスプレッドシートで、同順位(例えば1位タイ)があってもその次の数字(2位)を飛ばさずに順位をつける方法についてです。 「=RANK(値,UNIQUE(範囲))」という式で、空き番のない順位を求めることができます。手順 画像ではC列に点数が記録されています…

(Gスプレッドシート)条件にマッチする文字列を結合する

Googleスプレッドシートで、一定の条件付きで文字列を抽出して結合する方法についてです。実用性を考慮し、区切り文字を挿んで結合するものとします。 FILTER関数とJOIN関数を使って、条件にマッチする文字列を結合することができます。 手順 条件に直接マッ…

(Gスプレッドシート)シートの非表示/再表示の設定

Googleスプレッドシートで、シートを非表示にする方法と再度表示する方法についてです。 更新する頻度が低いシートや中間的なデータ加工用シート、むやみに操作されたくないシートを隠しておくのに有効です。 ウインドウ下部のシート名の右にある▼マークをク…

(Gスプレッドシート)メールアドレスを@の前後に分割する

Googleスプレッドシートでメールアドレスの文字列を「@」の前後に、つまりユーザー名とドメインに分割して取得する方法です。 SPLIT関数を使ってメールアドレスをユーザー名とドメインに分割することができます。 REGEXEXTRACT関数を使う方法もあります。 手…

(Gスプレッドシート)再計算ボタンを作る

Googleスプレッドシートで、クリックするだけでブック(ファイル)を再計算させるボタンを作成する方法です。 チェックボックスを設置してクリックすればブックは再計算されます。手順 画像のシートでは、RANDARRAY関数を使ってサイコロを振った結果を集計す…

(Gスプレッドシート)URLからドメインを抽出する

Googleスプレッドシートで、URLの文字列からドメイン部分を抽出する方法についてです。 SPLIT関数とINDEX関数を使ってURLからドメイン部分を抽出することができます。 REGEXEXTRACT関数を使う方法もあります。 手順 「www.」を除かない場合 SPLIT関数とINDEX…

(Gスプレッドシート)平方根を求める

Googleスプレッドシートで、数値の平方根(ルート)を求める方法についてです。 SQRT関数を使って数値の平方根を求めることができます。 べき乗の記号「^」を使う方法もあります。ただし演算の優先順位に注意が必要です。 手順 SQRT関数を使う方法 べき乗の…

(Gスプレッドシート)表の中のn行目(n列目)を取得する

Googleスプレッドシートで、指定した範囲の中で上からn行目(左からn列目)を抽出する方法についてです。 「=INDEX(範囲,n)」で、指定した範囲内の上からn行目を取得できます。 「=INDEX(範囲,,n)」で、左からn列目を取得できます。 ARRAYFORMULAを使っても…

(Gスプレッドシート)行を入れ替える操作

Googleスプレッドシートで、特定の行を上下に移動させ、移動先にある行を押しのけることで結果的に行同士を入れ替える操作についてです。同様にして列を入れ替えることもできます。 行を選択した状態で上下方向にドラッグし、適当な位置でドロップ(マウスの…

(Gスプレッドシート)クロス表からデータを抽出する

Googleスプレッドシートで、検索値に基づいて行と列を特定し、その行と列が交差するセルにあるデータを取得する方法についてです。 クロス表からデータを抽出するときは、INDEX関数とMATCH関数を組み合わせるのがオーソドックスな方法です。 実はDGET関数だ…

(Gスプレッドシート)グラフだけのシートを作成する

Googleスプレッドシートで、「グラフだけが表示されるシート」を作成する方法についてです。グラフだけを見せいたときや印刷する場合などに便利です。 グラフの適当な位置をクリックし、グラフの右上部分に現れる「・・・」をクリックして「個別のシートに移…

(Gスプレッドシート)メモを一括削除する

Googleスプレッドシートで、複数のセルに挿入されたメモを一度の操作ですべて削除する方法についてです。 セル範囲を選択して右クリックしたときに、その範囲の最も左上のセルにメモがあれば「メモを消去」のメニューが現れます。 これを利用して適当なセル…

(Gスプレッドシート)グラフをPDFや画像に変換する

Googleスプレッドシートで、作成したグラフをPDFや画像ファイルに変換してダウンロードする方法についてです。 グラフをクリックして、グラフの右上に現れる「・・・」のマークをクリックし、メニューから「ダウンロード」→「PDFドキュメント」と選択するこ…

(Gスプレッドシート)グリッド線(枠線)を印刷する/しないの設定

Googleスプレッドシートではユーザーがひいた罫線のほかに、デフォルトのグリッド線(枠線)も薄く印刷されてしまいます。この枠線を、画面上は表示させつつ印刷させない方法を紹介します。 印刷設定の画面で、右側のペインにある「印刷形式」をクリックし、…

(Gスプレッドシート)0の0乗は1になる

Googleスプレッドシートでの、「0の0乗」の結果についてです。 Excelのワークシートでの計算とは異なる結果となります。 Googleスプレッドシートでセルに「=0^0」と入力すると結果は「1」となります。Excelでは「#NUM!」になります。 「=POW(0,0)」も同様で…

(Gスプレッドシート)VLOOKUP関数で複数条件の検索を行う

GoogleスプレッドシートのVLOOKUP関数で、複数の条件を課して検索する方法についてです。 ただしここでの「複数の条件」とは、複数列にわたる条件のことです。1つの列に2つ以上の検索値を設定して検索する、というものではありません。 検索対象となる2つの…

(Gスプレッドシート)セル範囲に名前をつける

Googleスプレッドシートで、一定のセルの範囲に名前を付ける方法についてです。「B2:D8」といった記号や数字を覚える必要がなくなり、データを再利用しやすくなります。 対象とするセル範囲を選択した状態でメニューから「データ」→「名前付き範囲」と進むこ…

(Gスプレッドシート)円グラフの順番を自由に並べ替える

Googleスプレッドシートで円グラフの並び順は元データの並び順のとおりになりますが、それを変更する方法についてです。 グラフエディタの「データ範囲」の欄に、データの範囲をカンマつなぎで入力することにより、円グラフの並び順を任意に設定することがで…

(Gスプレッドシート)正規分布に従う乱数を生成する

Googleスプレッドシートで、正規分布に従って分布する乱数を生成する方法についてです。 NORMINV関数とRAND関数やRANDARRAY関数を組み合わせることにより正規分布に従う乱数を生成できます。引数として平均と標準偏差を指定できます。 手順 NORMINV関数の戻…

(Gスプレッドシート)サイコロを振るシミュレーション

Googleスプレッドシートで、サイコロを振った結果をシミュレーションする例についてです。 RAND関数やRANDARRAY関数を使って、サイコロを振った結果をシミュレートすることができます。 手順 サイコロを1回振る例 サイコロを複数回振る例 x面体のサイコロをn…

(Gスプレッドシート)グループごとに一番下(一番上)の行を取得する

Googleスプレッドシートで、ある列の値によりグループを区別し、それぞれの最も下(最も上)にある行を取得する方法についてです。 QUERY関数によるアプローチも有力ですが、ここではCOUNTIFS関数を使った方法を試してみます。 FILTER関数とCOUNTIFS関数を使…

(Gスプレッドシート)回帰直線による予測の例(FORECAST関数)

Googleスプレッドシートで、回帰直線に基づく予測を行う例です。具体的には説明変数が1つだけの単純な例で、被説明変数の予測値を求める例を示します(単回帰分析)。 本来は回帰直線そのものを求めたうえで説明変数を任意に設定して計算する、というプロセ…

(Gスプレッドシート)数字の文字列を数値に変換する

Googleスプレッドシートで、文字列として記録されている数字を数値に変換する方法についてです。 Excelとは異なり表示形式(書式設定)の設定だけでも変換することができます。 基本的に、数字が入力されているセルの表示形式を変更するだけで文字列を数値に…

(Gスプレッドシート)リンクされた図の貼り付けを実現する

Googleスプレッドシートで、一定のセル範囲を画像にして貼り付け、さらにセルの変更を画像に反映させる方法についてです(Excelでの「リンクされた図」に相当)。Excelとは使い勝手が異なり操作も若干複雑です。 シートの一部をコピーした状態でメニューから…

(Gスプレッドシート)SUM関数の結果が0になるときの対策

Googleスプレッドシートで、数字が入力されている範囲の合計をSUM関数で求めたところ結果が0になる、ということがあります。 数字が文字列として記録されていることが原因ですが、ここでは正しい結果を得るための方法を紹介します。 数字が文字列として記録…

(Gスプレッドシート)VLOOKUP関数で下から検索する

Googleスプレッドシートで、VLOOKUP関数の検索値を表の下から検索して値を取得する方法についてです。 VLOOKUP関数の第2引数(範囲)でSORT関数を使い、表の内容を上下逆にしておけば表の下から順に検索できます。手順 画像ではF3セルにVLOOKUP関数を使った…

(Gスプレッドシート)書式設定により数値⇔文字列の変換ができる

Googleスプレッドシートでは、数字が入力されているセルの書式設定により、数値であるか文字列(テキスト)であるかの扱いが変わります。実際にISNUMBER/ISTEXT関数による評価結果が変化します。これはExcelとは異なる仕様です。 数字が入力されているセルの…