Googleスプレッドシート

(Gスプレッドシート)指定した配列を要素とする対角行列を生成する

Googleスプレッドシートで、対角成分を配列として指定して対角行列を生成する方法についてです。 「=ARRAYFORMULA(配列*MUNIT(配列の長さ))」という式で、配列を成分(要素)とする対角行列が作れます。手順 B3:E3に並んでいる4つの値を対角成分とする対角行…

(Gスプレッドシート)指定した月のすべての日付を並べる

Googleスプレッドシートで、指定した月の1日から末日までのすべての日付を(スケジュール表のようなイメージで)1列に並べて表示する方法についてです。 「=SEQUENCE(DAY(DATE(年,月+1,0)),1,DATE(年,月,1))」という式により、その月の日付を末日まですべて…

(Gスプレッドシート)指定した月の日数を求める

Googleスプレッドシートで、指定した月の日数を求める方法についてです。「その月の末日の日付は何日か」という考え方で求められます。 日付から(その日が属する)月の日数を求める場合は「=DAY(EOMONTH(日付,0))」とします。 年と月の数値から月の日数を求…

(Gスプレッドシート)時間の切り上げと切り捨て

Googleスプレッドシートで、「1時間未満を切り上げる」「15分未満を切り捨てる」といった各種の切り上げ・切り捨てを行う方法についてです。CEILING/FLOOR関数一発で済ませる方法もありますが、ここでは(小数計算の誤差の影響を避ける意味で)TIME関数と組…

(Gスプレッドシート)今の時刻を入力する

Googleスプレッドシートで、現在の時刻(時間)を簡単に入力して表示する方法についてです。 Ctrlキー、Shiftキー、「:」キーの3つのキーの同時押しで、セルに現在の時刻を入力できます。Excelと違いセミコロンではなくコロンです。この場合は時刻が値として…

(Gスプレッドシート)直近のn曜日の日付を求める

Googleスプレッドシートで、「指定した日からみて直近の○曜日」の日付を求める方法についてです。 指定した日の曜日と目的の曜日を比較して日付を足し算する方法が有名ですが、わかりにくくなりやすいのでここでは少し変わった方法を示します。 また、「直近…

(Gスプレッドシート)毎時・毎分ごとに再計算する

Googleスプレッドシートで、NOW関数やRAND関数等の値はブックを開き直したりどこかのセルを変更したりしないと更新されませんが、設定により1時間または1分ごとに自動的に更新(再計算)させることができます。 メニューから「ファイル」→「Googleスプレッ…

(Gスプレッドシート)SPLIT関数で分割した最後の項目を取得する

Googleスプレッドシートで、文字列をSPLIT関数で分割したときの最後の項目(要素)の取得方法についてです。 「=INDEX(SPLIT(文字列,区切り文字),COLUMNS(SPLIT(文字列,区切り文字)))」という式により、区切り文字で区切られた最後の要素を取得できます。 手…

(Gスプレッドシート)切片が0の回帰直線を求める

Googleスプレッドシートで、切片を0として回帰直線(の傾き)を求める方法についてです。 LINEST関数を使うことで切片を0としたときの回帰直線の傾きを求めることができます。手順 画像ではB列とC列に土地の面積とその取引価格のデータが10組配置されていま…

(Gスプレッドシート)回帰直線の傾きと切片を求める

Googleスプレッドシートで、単回帰による回帰直線の傾きと切片の値を関数で求める方法についてです。 回帰直線の傾きはSLOPE関数で、切片はINTERCEPT関数で求められます。 引数の順番に注意が必要です。手順 まずは回帰直線についての確認です。 画像ではB列…

(Gスプレッドシート)チェックボックスのチェックの数を数える

Googleスプレッドシートで、チェックが入ったチェックボックスの数をカウントする方法についてです。 チェックが入っているチェックボックスの数は「=COUNTIF(範囲,TRUE)」で数えられます。 チェックが入っていないチェックボックスの数は「=COUNTIF(範囲,FA…

(Gスプレッドシート)シートのタブの色を変更する

Googleスプレッドシートで、ウインドウの下部に表示されているシート選択用のタブの色を変更する方法についてです。 タブの▼マークをクリックし、メニューから「色を変更」を選択することでタブの色を変更できます。 ただし色がつくのはタブの下辺だけなので…

(Gスプレッドシート)文字列内の文字をランダムに並べ替える

Googleスプレッドシートで、1つの文字列に含まれる文字を1文字単位でランダムに並べ替える方法についてです。 MID関数やSORT関数等を使って文字列中の文字をランダムに並べ替えることができます。手順 画像では、B3セルに入力されている文字列を参照し、D3セ…

(Gスプレッドシート)ランダムなパスワードを生成する

Googleスプレッドシートで、使用できる文字と文字数を指定して簡易なパスワードを作る方法についてです。 MID関数やRANDARRAY関数等を組み合わせてパスワード(ランダムな文字列)を作ることができます。手順 画像ではB3セルに入力された使用文字(パスワー…

(Gスプレッドシート)24時間以上の「時」(HOUR)を取得する

Googleスプレッドシートでは24時間以上の時間を表示することができますが、値をHOUR関数で評価すると24未満の値しか取得できません。 そこで、別の方法で24時間以上の時間部分を取得する方法を示します。 「=VALUE(TEXT(時間,"[h]"))」という式により24時間…

(Gスプレッドシート)相関係数を求める関数(CORREL関数)

Googleスプレッドシートで、相関係数(2種類の変数の線形関係の強弱を表す指標)を計算する方法についてです。そのものズバリの関数が用意されています。 CORREL関数により相関係数を求めることができます。手順 画像のB列とC列には「学習時間」と「点数」と…

(Gスプレッドシート)日付から年度を求める

Googleスプレッドシートで、日付がどの年度に属しているか、数値として求める方法についてです。 ある日付の年度は「=YEAR(日付)+IF(MONTH(日付) 「=YEAR(EDATE(日付,-3))」でも求められます。手順 B列にいくつかの日付が入力されています。 ここでC3セルとD…

(Gスプレッドシート)秒数・分数を時分秒(h:mm:ss)に変換する

Googleスプレッドシートで、秒数や分数として記録されている数値を時分秒の形式(時刻の形式)に変換する方法についてです。 TIME関数を使って秒数や分数を時分秒の形式に変換できます。 手順 秒数を時分秒に変換する場合 分数を時分秒に変換する場合 手順秒…

(Gスプレッドシート)日時計算の起点は1899/12/30 0:00:00

Googleスプレッドシートでの日時の扱いについてです。日時計算の起点がExcelとは異なる設定となっています。 シリアル値「0」に対応する日時は1899年12月30日0時0分0秒であり、これが日時計算の起点です。 Excelの場合(1900年1月0日0時0分0秒)と異なるため…

(Gスプレッドシート)24時間以上の時間を表示する

Googleスプレッドシートで、「25:34:12」といったように24時間以上の時間を表示する方法についてです。 適用する範囲を選択した状態でメニューから「表示形式」→「数字」→「経過時間」と選択すると、24時間以上の時間が表示できます。 カスタム数値形式で「[…

(Gスプレッドシート)チェックボックスの大きさと色を設定する

Googleスプレッドシートではメニューから「データ」→「データの入力規則」と進むなどの方法により、セルそのものをチェックボックスにして入力することができます。このチェックボックスの大きさと色、さらに背景色を設定する方法についてです。 チェックボ…

(Gスプレッドシート)REPLACE関数を使って文字を挿入する

GoogleスプレッドシートのREPLACE関数についてです。本来は文字列中の文字を置き換えるための関数ですが、文字(文字列)を挿入することもできます。 REPLACE関数の第3引数を「0」とする(または何も指定しない)ことで、文字列中に指定した文字(文字列)を…

(Gスプレッドシート)すべての文字間に文字を挿入する

Googleスプレッドシートで、文字列中の一つ一つの文字の間に文字(文字列)を挿入する方法についてです。 すべての文字の間にスペースを挿んで見た目を広げる、といった使用例が考えられます。 REGEXREPLACE関数を使って、すべての文字と文字の間に文字(文…

(Gスプレッドシート)2文字おき(n文字おき)に文字を挿入する

Googleスプレッドシートで、文字列に対し2文字おきに文字を挿む、言い換えれば2文字おきに文字で区切る方法についてです。 n文字ごとに挿入することもできますし、2文字以上の文字列を挿入することもできます。 REGEXREPLACE関数を使って、文字列に2文字おき…

(Gスプレッドシート)COUNTIF関数の引数には関数が使える

GoogleスプレッドシートのCOUNTIF関数の引数の特徴についてです。Excelと異なり、引数に関数を使うことができます。 COUNTIF関数の引数にはセル参照だけでなく関数を用いることができます。手順 画像ではB7セルに次のように入力することで、B2:E5の範囲にあ…

(Gスプレッドシート)FIND関数で複数の位置、n番目の位置、最後の位置を取得する

GoogleスプレッドシートのFIND関数は、検索文字(列)が出現する最初の位置を返します。 これを応用して、検索文字(列)が複数回出現する場合でもすべての位置を取得する方法を紹介します。 さらにn番目の(n回目に出現する)位置や、最後に出現する位置を…

(Gスプレッドシート)複数の種類の文字を一括して変換する

Googleスプレッドシートで、複数の種類の「文字」の変換を一つの式で行う方法についてです。ここで示す方法は式が長くてやや実験的な内容になりますが、式のネストに頼ることなくA→B,C→D,E→Fといったように複数の組み合わせの変換を一度に行うことができます…

(Gスプレッドシート)セルにひらがな(カタカナ・英数字)のみ入力させる

Googleスプレッドシートでセルにひらながのみ、あるいはカタカナのみ、英数字のみといったように特定の文字種のみを入力させる方法についてです。 データの入力規則の設定により、ひらがなやカタカナなど特定の文字種のみを入力させることができます。 手順 …

(Gスプレッドシート)QUERY関数でのHAVINGの代替手段

GoogleスプレッドシートのQUERY関数にはグループ化集計の機能があるものの、集計結果に条件を付けて絞り込むための句がありません。つまりSQLでいうところのHAVING句がありません。 そこで代わりになる方法の一例を示します。 QUERY関数をネストすれば集計結…

(Gスプレッドシート)本当に使えるおすすめ関数15選

Googleスプレッドシートで用意されているさまざまな関数のうち、ぜひ試していただきたい便利な関数を紹介します。機能の派手さや面白さよりも実用的な価値を優先し、長く使えるものを厳選しています。 ただし表計算ソフトの経験をある程度お持ちの方を想定し…