Googleスプレッドシート

(Gスプレッドシート)データの抽出条件・並べ替えの設定に列番号を用いる

Googleスプレッドシートで、リストからのデータの抽出や並べ替えを行う際に、抽出する列、抽出条件の対象とする列、並べ替えの基準とする列を指定する必要があります。これらの列を列番号で指定する方法についてです。 QUERY関数を使うことで、抽出や並べ替…

(Gスプレッドシート)数字のゼロを表示させない

Googleスプレッドシートで、数値として記録されている0を表示しない、つまり記録はされているが見えないようにする方法についてです。 メニューの「表示形式」→「数字」→「表示形式の詳細設定」→「カスタム数値形式」と進むことで、0を表示させない設定がで…

(Gスプレッドシート)生年月日から満年齢を求める

Googleスプレッドシートで満年齢を求める、つまりある日からある日までの間に満何年が経過しているのかを求める方法についてです。 各種の表計算ソフトと同様に、便利な関数が用意されています。 DATEDIF関数で満年齢を求めることができます。手順 B列に生年…

(Gスプレッドシート)和暦の文字列を西暦に変換する

Googleスプレッドシートでは和暦形式の文字列は日付とみなされませんので、計算に用いることができません(2019年6月下旬現在)。 そこで、日付とみなされる西暦形式の文字列に変換する方法についてです。 SWITCH関数やREGEXEXTRACT関数を使って和暦を西暦に…

(Gスプレッドシート)数字をゼロ埋めした文字列を作る

Googleスプレッドシートで、数字のゼロ埋め(ゼロパディング)した文字列を生成する方法についてです。 TEXT関数またはBASE関数を用いて、数字のゼロ埋めを行うことができます。手順 B3とB4に同じ218という数字が記録されています。 これらをゼロ埋めした8桁…

(Gスプレッドシート)重複を除いた行がいくつあるかカウントする

Googleスプレッドシートで、重複を除いた後の行の数を数える方法についてです。 ROWS関数とUNIQUE関数を組み合わせることで、重複を除いた行の数を数えることができます。 すべて空白の行もカウントします。手順 B4:C11にいくつかの値が記録されています。 B…

(Gスプレッドシート)値が何種類あるかカウントする(COUNTUNIQUE関数)

Googleスプレッドシートで、重複を除いた値が何種類あるかを数える方法についてです。 そのものズバリの便利な関数があります。 COUNTUNIQUE関数で値が何種類あるかを数えることができます。 空白(値がない)はカウントされません。手順 B4:D7の範囲に文字…

(Gスプレッドシート)単位行列を生成する(MUNIT関数)

Googleスプレッドシートで単位行列を生成する方法についてです。ズバリ関数が用意されています。 MUNIT関数により単位行列を生成することができます。手順 B2セルに「=MUNIT(4)」と入力します。 次元(行および列数)を引数で指定することができ、ここでは4…

(Gスプレッドシート)ナップザック問題を関数で解く(総当たり法)

Googleスプレッドシートで関数によりナップザック問題を解く例についてです。 ただし1セルでの解決にこだわったせいで長い式になっています。半分ネタと思ってご覧ください。 ナップザック問題のような問題も関数で扱うことができます。手順 B,C列にアイテム…

(Gスプレッドシート)カンマ区切りされた値を任意の順番に並べ替える

Googleスプレッドシートで、カンマ区切りで記録されている値の順番を自由に並べ替える方法についてです。 カンマ区切りだけでなく別の区切り文字であっても応用できます。 SORT関数とSPLIT関数を使って、カンマ区切りされている値の順番を自由に並べ替えるこ…

(Gスプレッドシート)九九の表を作る

Googleスプレッドシートで九九の計算を表にする方法についてです。 一般に絶対参照と相対参照について学ぶ際の好例とされていますが、ことGoogleスプレッドシートにおいて、それに縛られる必要はありません。 単に9×9の表が欲しいのであればフィルコピーによ…

(Gスプレッドシート)ROW関数による連番の作成と注意点

Googoleスプレッドシートには数列を生成するための関数がなく、代わりにROW関数がよく用いられます。 特に表に連番を付与する際に利用されるケースが多いですが、データの追加・削除が行われる場合にはこの方法が適しないこともあります。 また、セルの参照…

(Gスプレッドシート)リストを上下逆(左右逆)に並べる

Googleスプレッドシートで、関数を使い、並んでいるデータの順番を逆にする方法についてです。 簡単なのはリストの横に「1,2,3…」と番号をふって降順ソートすることですが、ここでは値の大小や文字コードには全く関係なく、単純に並んでいる順番を逆にするよ…

(Gスプレッドシート)文字列の各文字の間に任意の文字列をはさむ

Googleスプレッドシートで、1つ1つの文字と文字の間に指定した文字列をはさむ方法についてです。 実際のニーズとしては各文字の間にスペースをはさむとか、ハイフンをはさむといった例が多いかと思います。 REGEXREPLACE関数を用いて、文字列の各文字の間に…

(Gスプレッドシート)改行を削除する

Googleスプレッドシートで改行を削除する方法についてです。 関数による方法とメニューによる方法を示します。 CLEAN関数やSUBSTITUTE関数による方法、「検索と置換」メニューによる方法で改行を削除することができます。 手順 関数による方法 「検索と置換…

(Gスプレッドシート)ワイルドカードの値を変えずに置換を行う

Googleスプレッドシートで、関数での置換を行う際にワイルドカードとして指定した文字列の内容をそのまま変更することなく置換を実行する方法についてです。 ワイルドカードと書きましたが、実際に行うのは正規表現によるマッチングです。つまりはREGEXREPLA…

(Gスプレッドシート)カンマ区切りの文字列からn番目の項目を抽出する

Googleスプレッドシートで、カンマ区切りになっている文字列から、指定した順番にある文字列を取り出す方法についてです。 カンマ区切りだけでなく別の区切り文字であっても応用できます。 INDEX関数とSPLIT関数の組み合わせで、カンマ区切り文字列からn番目…

(Gスプレッドシート)苗字と名前を入れ替える

Googleスプレッドシートで、1つのセル内に記録された苗字と名前(半角スペースで区切られているものとします)を、関数を使って入れ替える方法についてです。 REGEXREPLACE関数による方法や、RIGHT関数等による方法により、苗字と名前を入れ替えられます。 …

(Gスプレッドシート)カッコ内の文字列を抽出・削除する

Googleスプレッドシートで、文字列中のカッコに含まれる文字列を抽出または削除する方法についてです。 ここでのカッコとは全角カッコとし、文字列を抽出・削除する例をみてみます。 REGEXREPLACE関数を使ってカッコ内の文字列を一括して抽出・削除すること…

(Gスプレッドシート)文字列を1文字ずつ各セルに分割する

Googleスプレッドシートで、セル内の文字列を1文字ずつセルに分割する方法についてです。 メニューの「テキストを列に分割」を使っても(区切り文字がないため)うまくいきませんが、関数でなら比較的簡単に実現できます。 REGEXREPLACE関数とSPLIT関数を使…

(Gスプレッドシート)REGEXEXTRACT関数で文字列を複数のセルに分割して抽出する

GoogleスプレッドシートでREGEXEXTRACT関数を使って文字列の抽出を行う場合に、文字列の各部分を複数のセルに分割して抽出することができます。 REGEXEXTRACT関数の第2引数で半角カッコ「( )」を複数用いることで、複数の部分を抽出して複数のセルに配置する…

(Gスプレッドシート)REGEXEXTRACT関数は1つを抽出し、REGEXREPLACE関数はすべてを置き換える

GoolgleスプレッドシートのREGEXEXTRACT関数とREGEXREPLACE関数は大変便利な関数ですが、抽出・置換の対象となる文字列の捉え方が異なりますので注意が必要です。 REGEXEXTRACT関数は指定した正規表現にマッチする文字列のうち最初の1つを抽出します。 REGEX…

(Gスプレッドシート)REGEXREPLACE関数で空白セルや文字列の前後・文字間を置き換えられる

GoogleスプレッドシートのREGEXREPLACE関数で置換対象として「""」を指定することで、空白セルのほか文字列の前後や文字間を別の文字列に置き換えられます。SUBSTITUTE関数ではこのようなことはできません。 REGEXREPLACE関数の第2引数を「""」とする(ある…

(Gスプレッドシート)【ネタ注意】GOOGLETRANSLATE関数で和暦を西暦にする

まともにやると厄介な和暦文字列から西暦(日付とみなされる文字列さらには日付シリアル値)への変換を、GOOGLETRANSLATE関数を使ってどうにかできないかやってみた結果です。真面目に使うべき内容ではありませんので注意してください。 GOOGLETRANSLATE関数…

(Gスプレッドシート)TRIM関数が全角スペースを削除しないことと対策例

GoogleスプレッドシートのTRIM関数はExcelと違って全角スペースを削除しません。 その実例と、全角スペースも含めて削除する対応例を示します。 GoogleスプレッドシートのTRIM関数が削除するのは、文字列の先頭及び末尾に並ぶ「半角スペース」だけです。手順…

(Gスプレッドシート)住所の番地以降を削除する

Googleスプレッドシートで、関数を使って住所に含まれる番地以降の部分を削除する方法についてです。 考え方としては算用数字(全角0~9または半角0~9)が出現するより以前の文字列を取り出します。よって番地より先に算用数字が出現したり番地が漢字表記だ…

(Gスプレッドシート)文字列から数字を抽出する

Googleスプレッドシートで、文字列に含まれる数字だけを取り出す方法についてです。 数字は文字列として抽出し、0で始まる数字もそのまま抽出するものとします。取り出したい範囲に応じていくつかの方法を紹介します。 REGEXEXTRACT関数やREGEXREPLACE関数を…

(Gスプレッドシート)複数種類の文字列を置換・削除する

Googleスプレッドシートで、関数を使って文字列中の複数の種類の文字列を一度に置換・削除する方法についてです。ただし置換先は基本的に1つですので注意してください(A,B,CをいずれもDに置き換えるという置換です。A→D,B→E,C→Fといった複雑な置換はここで…

(Gスプレッドシート)住所から都道府県を抽出する

Googleスプレッドシートで、関数を使って住所から都道府県名を取り出す方法についてです。 REGEXEXTRACT関数やLEFT関数による方法で、住所から都道府県名を取り出すことができます。 手順 REGEXEXTRACT関数による方法 LEFT関数による方法 市区町村以下の抽出…

(Gスプレッドシート)画像・図形を削除する

Googleスプレッドシートで、画像や図形を削除する方法についてです。 画像・図形を選択した状態で右上に現れる「・・・」のマークをクリックすると「画像を削除」メニューが現れます。 画像・図形を選択した状態でDeleteキーやBackspaceキーを押しても削除で…