Googleスプレッドシート

(Gスプレッドシート)改行をはさんで文字列を結合する

Googleスプレッドシートで、文字列の間に改行を挿んで結合する方法についてです。 改行は「CHAR(10)」で表すことができますので、式の中でこれを使って文字列を結合すれば改行を挿んだ結合になります。 手順 &演算子を用いる方法 JOIN関数を用いる方法 TEXTJ…

(Gスプレッドシート)塗りつぶし色・テキスト色でフィルタをかける

Googleスプレッドシートで、セルの塗りつぶしの色やテキスト(フォント)の色に基づきフィルタをかける方法についてです。 フィルタ機能により特定の塗りつぶし色、テキスト(フォント)色を指定してデータを抽出できます。手順 簡単なリストがあります。 「…

(Gスプレッドシート)組織図を作成する

Googleスプレッドシートでは、グラフ機能の一種として組織図を作成することができます。 グラフの種類として組織図が用意されています。 用意しておくデータの形式に注意が必要です。手順 組織図を作成する際は、まず用意しておくデータの形式を覚えておく必…

(Gスプレッドシート)円グラフの一部を切り出して強調する

Googleスプレッドシートで、円グラフのうち一部のスライスを外側に引っ張り出したように表示して強調する方法についてです。 ウインドウ右側のグラフエディタのペインから「カスタマイズ」→「円グラフのスライス」と選択し、すぐ下のプルダウンから対象とす…

(Gスプレッドシート)レーダーチャートの線を直線にする

Googleスプレッドシートでレーダーチャートを作成すると、線が丸みを帯びた形で表示されます。これを直線にする方法についてです。 右側の「グラフエディタ」のペインから「カスタマイズ」→「グラフの種類」と進み「平滑線」のチェックを外すことで線が直線…

(Gスプレッドシート)度数分布を返す関数(FREQUENCY関数)

Googleスプレッドシートで、度数分布(数値データをいくつかの区間に分類し、それぞれの区間に属するデータの数を数えたもの)を作成するときに使えるFREQUENCY関数についてです。 FREQUENCY関数を使って対象データと区間を表す配列を指定することで、度数分…

(Gスプレッドシート)SWITCH関数はARRAYFORMULAなしでも配列を返す

GoogleスプレッドシートのSWITCH関数の挙動についてです。 SWITCH関数はARRAYFORMULA関数と組み合わせなくても第1引数に配列を与えれば配列を返します。手順 いきなりですが結果です。 C3セルに次の式のような式を入力することで、B3:B7に記録された値(評価…

(Gスプレッドシート)金種計算をする

Googleスプレッドシートで金種計算表を作る方法についてです。ここでは基本的な、2000円札を含めない場合の例を示します。 INT関数を基本とした計算により、金種計算を行うことができます。手順 画像は結果です。 B3:B5には金種計算の対象となる金額が、C2:K…

(Gスプレッドシート)加重平均を求める関数(AVERAGE.WEIGHTED関数)

Googleスプレッドシートには、簡単に加重平均を求められる専用の関数があります。 AVERAGE.WEIGHTED関数で値の配列とウェイトの配列を指定することにより、加重平均を求められます。ウェイトの総和を考慮しなくともよいのがメリットです。手順 C3:C7に5つの…

(Gスプレッドシート)順列を列挙する

Googleスプレッドシートで順列を列挙する方法、具体的にはn個の値を重複なく取り出す順番の組み合わせを列挙する方法についてです。 n!通りの値と対応付ける方法も可能ですが手順が長くなるため、以下では計算量を度外視して1つの式で済ませる方法をとってい…

(Gスプレッドシート)プルダウンの選択肢からは重複が除かれる

Googleスプレッドシートでプルダウンのデータソースとして指定したリストの値に重複がある場合の仕様についてです。 プルダウンのデータソースとして指定したリストに重複があっても、同じ選択肢は1つずつしか現れません。 リストを直接指定したときも同様で…

(Gスプレッドシート)素数かどうか判定する

Googleスプレッドシートで数値が素数かどうかを判定する方法についてです。 MOD関数とSEQUENCE関数を組み合わせることで、数値が素数かどうかを判定することができます。手順 画像は、B2:B19に3から20までの整数を並べ、さらにC3セルに式を入力した結果です…

(Gスプレッドシート)FILTER関数で列を抽出することができる

GoogleスプレッドシートのFILTER関数は条件に該当する行を抽出するだけでなく、条件に該当する列を抽出することができます。 FILTER関数で第2引数以降(条件)として行方向の配列を指定すれば、列が抽出されます。手順 C2:G5の範囲にデータが並んでいます。 …

(Gスプレッドシート)行の中で最も右にある値を取得する

Googleスプレッドシートで、各行に入力されている値のうち最も右にあるものを取得する方法についてです。 FILTER関数を用いて、行のうち最も右にある値を取得できます。 REGEXEXTRACT関数を用いる方法もありますが、数値も文字列として取得されます。 手順 F…

(Gスプレッドシート)空白セルを飛ばして連番をふる

Googleスプレッドシートで、空白セルでないセル(値があるセル)の隣のセルに連番をふっていく方法についてです。 COUNTIF関数を使って、空白セルを除いて連番をふることができます。空文字列(「=""」や「'」)をカウントするかしないか選択できます。 COUN…

(Gスプレッドシート)8桁の数字を日付に変換する

Googleスプレッドシートで、「20200131」のような8桁の数字を日付に変換する方法についてです。 TEXT関数を使って8桁の数字を日付に変換することができます。手順 B3:B5に3つの日付が入力されています。 そこでC3:C5に次の3種の式を入力します。 C3~C5セル =…

(Gスプレッドシート)グループごとに連番をふる

Googleスプレッドシートで、値によりグループを区別してそれぞれに別々の連番をふる方法についてです。 COUNTIF関数と絶対参照を利用して、グループごとに個別の連番をふることができます。 COUNTIFS関数を用いると1つのセルに入力するだけですべての連番を…

(Gスプレッドシート)今日の日付を入力する

Googleスプレッドシートで、今日の日付を簡単に入力して表示する方法についてです。 Ctrlキーと「:」キーの同時押しで、セルに今日の日付を入力できます。Excelと違いセミコロンではなくコロンです。この場合は日付が値として入力されますので、後で日付が変…

(Gスプレッドシート)QUERY関数を使った月別集計

Googleスプレッドシートで、日付データに基づき月別の集計を行う例です。 QUERY関数の第2引数(SELECT句など)ではYEAR関数とMONTH関数により日付の年と月を算出できますので月別の集計を行うことができます。 ただしここでのMONTHは通常のワークシート関数…

(Gスプレッドシート)QUERY関数を使った四半期別集計

Googleスプレッドシートで、日付データに基づく四半期別の集計を行う例です。 QUERY関数の第2引数(SELECT句など)ではYEAR関数やMONTH関数などと同様にQUARTER関数という四半期を判定する関数を使うことができ、集計に利用できます。手順 B,C列に日付と数値…

(Gスプレッドシート)QUERY関数を使った時に見出し行を付けさせない

GoogleスプレッドシートのQUERY関数でグループ化集計をしたときなど、自動的に「sum」とか「count」といった見出し行が追加されます。 この見出し行を表示させない方法についてです。 LABEL句を使って見出しを空文字列にしてしまえば、見出し行自体が追加さ…

(Gスプレッドシート)画像をVLOOKUP関数等で抽出することができる

Googleスプレッドシートでは画像をセルの値として記録できるので、他のセルから参照したり関数で抽出することができます。 メニューの「挿入」→「画像」→「セル内の画像」でセルに画像を保存しておけば参照したりVLOOKUPやFILTERなどの関数により抽出するこ…

(Gスプレッドシート)セル内に画像を保存する

Googleスプレッドシートで、セルの内部に画像を追加して保存する方法についてです。 画像がセル内に収まるというだけでなく、そのセルの値として扱うことができます(IMAGE関数による画像表示と同様)。 メニューから「挿入」→「画像」→「セル内の画像」と進…

(Gスプレッドシート)重複しないランダムな整数を生成する

Googleスプレッドシートで重複しない整数をランダムに並べる方法についてです。 メニューの「データ」→「範囲をランダム化」で数列をランダムに並べ替えられます。 関数を使う場合はSEQUENCE関数とRANDBETWEEN関数を使う方法があります。 手順 メニューによ…

(Gスプレッドシート)表から抽出する列の数を指定する

Googleスプレッドシートで、表の中の「左からn列を抽出する」という指定の仕方についてです。 ARRAY_CONSTRAIN関数を使うと、表から抽出する列数(左から何列)を指定できます。手順 B~E列からなる4列の表があります。 ARRAY_CONSTRAIN関数を使い、この表の…

(Gスプレッドシート)文字列中の特定の文字の数をカウントする

Googleスプレッドシートで、文字列に含まれる特定の(指定した)文字の数を数える方法についてです。 REGEXREPLACE関数とLEN関数の組み合わせで、文字列に含まれる特定の文字の数をカウントできます。 カウントする文字の種類が複数であっても列挙して簡単に…

(Gスプレッドシート)数式をそのまま表示させる

Googleスプレッドシートで、セルに入力されている数式をそのまま表示する方法についてです。 メニューの「表示」→「数式を表示」で、セルに入力されている数式そのものを表示できます。手順 小さな表があります。 一部のセルには式が入力されているので、そ…

(Gスプレッドシート)VLOOKUP関数で検索キーより左側の値を抽出する

GoogleスプレッドシートのVLOOKUP関数についてです。この関数は基本的に検索キー(検索値)が記録されている列の右側の列にある値しか取り出せませんが、少しの手間だけで左側の列にある値も抽出することができます。 VLOOKUP関数の第2引数(検索範囲)にて…

(Gスプレッドシート)成分がすべて等しい行列を生成する

Googleスプレッドシートで、成分がすべて同じ値の行列(典型的なのは成分がすべて1の行列)を生成する方法についてです。 SEQUENCE関数の第4引数(増分)を0にすることで、成分がすべて等しい行列が返されます。手順 例として次のように入力してみます。 =SE…

(Gスプレッドシート)1つの式だけで複数の行のそれぞれの合計を求める

Googleスプレッドシートで、複数の行のそれぞれの合計を求める際に、1つのセルへの入力だけで済ませる方法についてです。 ARRAYFORMULA関数とSUM関数の組み合わせではうまくいかないので別の方法を考える必要があります。 SUMIF関数を用いる方法とMMULT関数…