Googleスプレッドシート

(Gスプレッドシート)2つの列を比較して重複する値(重複しない値)を抽出する

Googleスプレッドシートで2つの列を比較し、一方の列に存在する値のうち、もう一方の列にも存在するもの(または存在しないもの)を抽出する方法についてです。 FILTER関数とCOUNTIFを用いることで、2つの列の値の一致・不一致を判定して値を抽出できます。 …

(Gスプレッドシート)文字列を逆から並べ替える

Googleスプレッドシートで、文字列を逆に(後ろから)並べ替える方法についてです。 Excel(VBA)などにあるStrReverse関数の再現です。 MID関数とSEQUENCE関数等を利用して文字列を逆から並べ替えることができます。手順 B3セルに文字列が記録されていますの…

(Gスプレッドシート)QUERY関数でのIN及びNOT INの代替手段

GoogleスプレッドシートのQUERY関数のオプションにはSQLライクなWHERE句があるものの、それに続くIN句(演算子)及びNOT IN句(演算子)がありません。 そこで代わりになる方法の一例を示します。 MATCHES句で比較対象を列挙できるのでIN句の代わりにするこ…

(Gスプレッドシート)表を縦・横に連結する式

Googleスプレッドシートで、既存の2つ以上の表を縦横に連結する(内容に関係なく、1つの表のように隙なくつなぐ)ための式の表記方法についてです。 値を縦横のセルに展開する記法と基本的に同じです。 波カッコ({ })、カンマ(,)、セミコロン(;)を使っ…

(Gスプレッドシート)万年カレンダーを作成する

Googleスプレッドシートで簡易な万年カレンダーを作成する方法についてです。テンプレートに毎年のカレンダーが用意されているため必要性は薄いですが、表計算ソフトの学習における定番の「例題」といえます。 ここではSEQUENCE関数などを使い、1セルへの入…

(Gスプレッドシート)文字列の全部・一部に下線を引く

Googleスプレッドシートで、文字列に下線を引く方法についてです。 メニューから「表示形式」→「下線」と選択することで、文字列に下線を引くことができます。 CtrlキーとUキーの同時押しでも下線を引くことができます。文字列の一部に下線を引く場合はこち…

(Gスプレッドシート)文字列を結合する関数4種の比較

Googleスプレッドシートでは文字列を結合する関数がいくつか用意されていますが、名称と機能がまぎらわしく、しかもExcelの同名関数と機能が異なったりもしますので混乱しやすいです。 そこでそれぞれの機能をまとめ、違いを比べてみました。 文字列を結合す…

(Gスプレッドシート)グラフに近似直線(曲線)・近似式・決定係数を表示する

Googleスプレッドシートで、散布図等のグラフに近似直線(回帰直線)や近似曲線、近似式、決定係数を表示する方法についてです。 散布図や折れ線グラフ、棒グラフではグラフを右クリックし「系列」メニューに進むことで、近似直線(曲線)や近似式、決定係数…

(Gスプレッドシート)QUERY関数でSELECTを省略すると全列抽出する

GoogoleスプレッドシートのQUERY関数において、第2引数にSELECTを含めない場合の結果についてです。 QUERY関数の第2引数で「SELECT *」などとしなくとも、SELECTを省略すればすべての列が抽出されます。手順 画像はF3セルに次のように記した結果です。 =QUER…

(Gスプレッドシート)指定範囲のうちn行目以降のm個の行を抽出する

Googleスプレッドシートで、指定した範囲のうち抽出の対象とする行の範囲を数字で指定する方法についてです。 QUERY関数を使って、抽出から除く行数(上から○行を除外)と抽出する行数(除外しなかった行のうち上から△行を抽出)を指定できます。これにより…

(Gスプレッドシート)Alt+EnterかCtrl+Enterでセル内改行

Googleスプレッドシートで、セル内で改行を行うキー操作についてです。 セル内で「AltとEnterの同時押し」か「CtrlとEnterの同時押し」をすると改行ができます。手順 適当な位置にカーソルを合わせてAltキーとEnterキーを同時押ししてみます。 改行できまし…

(Gスプレッドシート)複数列・複数範囲を指定してセル単位で重複を除く

GoogleスプレッドシートではUNIQUE関数でデータの重複を除くことができますが、複数の列を対象にした場合は行全体で重複が判定され、重複を除いた行が残ります。1セル単位で重複を判定し除いた結果にはなりません。 そこで少々実験的ですが、複数の列を指定…

(Gスプレッドシート)連番をふる関数(SEQUENCE関数)

Googleスプレッドシートでは連番をふるための関数というのが長らく存在せず、ROW関数などにより代用されていましたが、現在ではSEQUENCE関数が実装されており簡単に連番を生成することができます。 SEQUENCE関数により任意の初期値、差分を持った連番(数列…

(Gスプレッドシート)プルダウンを連動させる

Googleスプレッドシートで、値を段階的に絞り込んで入力する際に便利なプルダウンの連動の設定についてです。 元データに加え、プルダウンから参照するためのリストを生成することでプルダウンの連動を実現できます。 手順 機能の確認 元データの入力 1つ目…

(Gスプレッドシート)セル内のテキストの折り返しと切り詰め

セル内に長い文字列を入力した際に、文字列を折り返して表示したり、長すぎる部分を隠す方法についてです。 セル内の長い文字列の表示方法は「はみ出す」(デフォルト)、「折り返す」、「切り詰める」の3種から選ぶことができます。手順 セル内に、普通に長…

(Gスプレッドシート)セルに斜線をひく

Googleスプレッドシートでセル内部に斜めの罫線(枠線)を引く方法ですが、罫線の機能では実現できません。別の機能で代用することになります。 図形描画を使って斜めの直線をひくのが1つの方法ですが、手動でセル内に位置を合わせる必要があります。 別の方…

(Gスプレッドシート)正規表現ですべてのひらがなは「[ぁ-ん]」、カタカナは「[ァ-ヴ]」と表す

REGEXEXTRACT関数やREGEXREPLACE関数などで正規表現を使う際に、すべての種類のひらがな、カタカナを指定する方法についてです。 すべてのひらがなを指定するときは「[ぁ-ん]」とします(「あ」ではなく「ぁ」)。 「[あ-ん]」とすると「ぁ」を指定できませ…

(Gスプレッドシート)LEN関数は改行をカウントする

忘れやすいLEN関数の挙動についてです。 LEN関数は改行も1文字とカウントします(その他の表示されない文字も同様)。 CLEAN関数を併用すると目に見える文字だけをカウントできます。手順 B3,B4セルに対象とする文字列が記録されていて、どちらにも改行が含…

(Gスプレッドシート)行の背景色を交互に変える設定

Googleスプレッドシートで1行おきに背景色を変える方法についてです。 条件付き書式でも実現できますが、より簡単な設定があります。 ウインドウ上部のメニューから「表示形式」→「交互の背景色」と進むことで、1行おきに背景色を変える設定ができます。手順…

(Gスプレッドシート)イコールを使わずに式を入力する

Googleスプレッドシートで、式の入力を行う際にイコール(=)の入力を省略する方法についてです。 テンキーにイコールがない場合などに有効です。 イコールのかわりにプラス記号(+)から式の入力を開始することでイコールを省略できます(入力確定時にプラ…

(Gスプレッドシート)データの抽出条件・並べ替えの設定に列番号を用いる

Googleスプレッドシートで、リストからのデータの抽出や並べ替えを行う際に、抽出する列、抽出条件の対象とする列、並べ替えの基準とする列を指定する必要があります。これらの列を列番号で指定する方法についてです。 QUERY関数を使うことで、抽出や並べ替…

(Gスプレッドシート)数字のゼロを表示させない

Googleスプレッドシートで、数値として記録されている0を表示しない、つまり記録はされているが見えないようにする方法についてです。 メニューの「表示形式」→「数字」→「表示形式の詳細設定」→「カスタム数値形式」と進むことで、0を表示させない設定がで…

(Gスプレッドシート)生年月日から満年齢を求める

Googleスプレッドシートで満年齢を求める、つまりある日からある日までの間に満何年が経過しているのかを求める方法についてです。 各種の表計算ソフトと同様に、便利な関数が用意されています。 DATEDIF関数で満年齢を求めることができます。手順 B列に生年…

(Gスプレッドシート)和暦の文字列を西暦に変換する

Googleスプレッドシートでは和暦形式の文字列は日付とみなされませんので、計算に用いることができません(2019年6月下旬現在)。 そこで、日付とみなされる西暦形式の文字列に変換する方法についてです。 SWITCH関数やREGEXEXTRACT関数を使って和暦を西暦に…

(Gスプレッドシート)数字をゼロ埋めした文字列を作る

Googleスプレッドシートで、数字のゼロ埋め(ゼロパディング)した文字列を生成する方法についてです。 TEXT関数またはBASE関数を用いて、数字のゼロ埋めを行うことができます。手順 B3とB4に同じ218という数字が記録されています。 これらをゼロ埋めした8桁…

(Gスプレッドシート)重複を除いた行がいくつあるかカウントする

Googleスプレッドシートで、重複を除いた後の行の数を数える方法についてです。 ROWS関数とUNIQUE関数を組み合わせることで、重複を除いた行の数を数えることができます。 すべて空白の行もカウントします。手順 B4:C11にいくつかの値が記録されています。 B…

(Gスプレッドシート)値が何種類あるかカウントする関数(COUNTUNIQUE関数)

Googleスプレッドシートで、重複を除いた値が何種類あるかを数える方法についてです。 そのものズバリの便利な関数があります。 COUNTUNIQUE関数で値が何種類あるかを数えることができます。 空白(値がない)はカウントされません。手順 B4:D7の範囲に文字…

(Gスプレッドシート)単位行列を生成する関数(MUNIT関数)

Googleスプレッドシートで単位行列を生成する方法についてです。ズバリ関数が用意されています。 MUNIT関数により単位行列を生成することができます。手順 B2セルに「=MUNIT(4)」と入力します。 次元(行および列数)を引数で指定することができ、ここでは4…

(Gスプレッドシート)ナップザック問題を関数で解く(総当たり法)

Googleスプレッドシートで関数によりナップザック問題を解く例についてです。 ただし1セルでの解決にこだわったせいで長い式になっています。半分ネタと思ってご覧ください。 ナップザック問題のような問題も関数で扱うことができます。手順 B,C列にアイテム…

(Gスプレッドシート)カンマ区切りされた値を任意の順番に並べ替える

Googleスプレッドシートで、カンマ区切りで記録されている値の順番を自由に並べ替える方法についてです。 カンマ区切りだけでなく別の区切り文字であっても応用できます。 SORT関数とSPLIT関数を使って、カンマ区切りされている値の順番を自由に並べ替えるこ…