Googleスプレッドシート

(Gスプレッドシート)文字列を1文字ずつ各セルに分割する

Googleスプレッドシートで、セル内の文字列を1文字ずつセルに分割する方法についてです。 メニューの「テキストを列に分割」を使っても(区切り文字がないため)うまくいきませんが、関数でなら比較的簡単に実現できます。 REGEXREPLACE関数とSPLIT関数を使…

(Gスプレッドシート)REGEXEXTRACT関数で文字列を複数のセルに分割して抽出する

GoogleスプレッドシートでREGEXEXTRACT関数を使って文字列の抽出を行う場合に、文字列の各部分を複数のセルに分割して抽出することができます。 REGEXEXTRACT関数の第2引数で半角カッコ「( )」を複数用いることで、複数の部分を抽出して複数のセルに配置する…

(Gスプレッドシート)REGEXEXTRACT関数は1つを抽出し、REGEXREPLACE関数はすべてを置き換える

GoolgleスプレッドシートのREGEXEXTRACT関数とREGEXREPLACE関数は大変便利な関数ですが、抽出・置換の対象となる文字列の捉え方が異なりますので注意が必要です。 REGEXEXTRACT関数は指定した正規表現にマッチする文字列のうち最初の1つを抽出します。 REGEX…

(Gスプレッドシート)REGEXREPLACE関数で空白セルや文字列の前後・文字間を置き換えられる

GoogleスプレッドシートのREGEXREPLACE関数で置換対象として空文字("")を指定することで、空白セルのほか文字列の前後や文字間を別の文字列に置き換えられます。SUBSTITUTE関数ではこのようなことはできません。 REGEXREPLACE関数により空文字("")を他の…

(Gスプレッドシート)【ネタ注意】GOOGLETRANSLATE関数で和暦を西暦にする

まともにやると厄介な和暦文字列から西暦(日付とみなされる文字列さらには日付シリアル値)への変換を、GOOGLETRANSLATE関数を使ってどうにかできないかやってみた結果です。真面目に使うべき内容ではありませんので注意してください。 GOOGLETRANSLATE関数…

(Gスプレッドシート)TRIM関数が全角スペースを削除しないことと対策例

GoogleスプレッドシートのTRIM関数はExcelと違って全角スペースを削除しません。 その実例と、全角スペースも含めて削除する対応例を示します。 GoogleスプレッドシートのTRIM関数が削除するのは、文字列の先頭及び末尾に並ぶ「半角スペース」だけです。手順…

(Gスプレッドシート)住所の番地以降を削除する

Googleスプレッドシートで、関数を使って住所に含まれる番地以降の部分を削除する方法についてです。 考え方としては算用数字(全角0~9または半角0~9)が出現するより以前の文字列を取り出します。よって番地より先に算用数字が出現したり番地が漢字表記だ…

(Gスプレッドシート)文字列から数字を抽出する

Googleスプレッドシートで、文字列に含まれる数字だけを取り出す方法についてです。 取り出したい範囲に応じていくつかの方法を紹介します。 REGEXEXTRACT関数やREGEXREPLACE関数を使って、文字列から数字だけを取り出すことができます。 手順 サンプルデー…

(Gスプレッドシート)複数種類の文字列を置換・削除する

Googleスプレッドシートで、関数を使って文字列中の複数の種類の文字列を一度に置換・削除する方法についてです。 置換・削除の違いやその対象に応じて、いくつかの方法を紹介します。 REGEXREPLACE関数を使うことで関数のネストなしに複数の文字列を一度に…

(Gスプレッドシート)住所から都道府県を抽出する

Googleスプレッドシートで、関数を使って住所から都道府県名を取り出す方法についてです。 REGEXEXTRACT関数やLEFT関数による方法で、住所から都道府県名を取り出すことができます。 手順 REGEXEXTRACT関数による方法 LEFT関数による方法 市区町村以下の抽出…

(Gスプレッドシート)画像・図形を削除する

Googleスプレッドシートで、画像や図形を削除する方法についてです。 画像・図形を選択した状態で右上に現れる「・・・」のマークをクリックすると「画像を削除」メニューが現れます。 画像・図形を選択した状態でDeleteキーやBackspaceキーを押しても削除で…

(Gスプレッドシート)縦持ちのリストを横持ちに変換する例

Googleスプレッドシートにおいて、縦に並んだ表の値をグループ化して横に並べる、いわゆる縦持ち→横持ちの変換を関数で行う例です。 UNIQUE関数等を用いて縦持ちの表を横持ちに変換することができます。手順 対象となるリストはB3:C10の範囲です。B列に氏名…

(Gスプレッドシート)セル編集後Tabキーで右のセルへ、Enterキーで下のセルへ移動

Googleスプレッドシートのセル編集時の移動についてです。 基本的にExcelと同じですが、Enterキーで右に移動させる設定変更はできません。 セル編集後、Tabキーで1つ右のセルへ、Enterキーで1つ下のセルへ移動します。 ただしEnterキーで1つ下のセルに移動す…

(Gスプレッドシート)関数を使って日付を和暦にする例

Googleスプレッドシートは書式(表示形式)による和暦表示をサポートしていないので(2019年3月現在)、和暦表示を行う場合は関数で文字列を作らなければなりません。 和暦表示するためには関数で文字列を生成する必要があります。手順 少々実験的になります…

(Gスプレッドシート)ヘッダー・フッターにページ番号等を表示する

Googleスプレッドシートでヘッダーとフッターを編集する方法についてです。 ページ設定と同様に印刷メニューから実行します。 上部のメニューから「印刷」>「ヘッダーとフッター」と進むことで、ヘッダーとフッターにページ番号・ワークブック名及びシート…

(Gスプレッドシート)行・列を固定する(ウインドウ枠の固定)

Googleスプレッドシートで行や列を、スクロールに流されないように画面上で固定する方法についてです。 Excelでいうウインドウ枠の固定にあたります。 上部メニューから「表示」>「固定」と進むことで行・列を固定できます。 シートの左上に表示されている…

(Gスプレッドシート)ワークブック(ファイル全体)をコピーする

Googleスプレッドシートで、ワークブック(Excelでいうブック、ファイル)のコピーを作成する方法についてです。 上部メニューから「ファイル」>「コピーを作成」と進むことでワークブック(ファイル)のコピーを作成できます。手順 メニューから「ファイル…

(Gスプレッドシート)画像のトリミング・図形マスク・回転

Googleスプレッドシートで画像のトリミング、図形マスク(切り抜き)、回転を行う方法についてです。 GoogleドキュメントやGoogleスライドと異なり、単に画像を置くだけではそれらのメニューは使えません。 「挿入」→「図形描画」と進んで図形描画のダイアロ…

(Gスプレッドシート)ページ設定(用紙サイズ・縦横・余白)を変更する

Googleスプレッドシートでページ設定を行う方法についてです。 Googleドキュメントと異なり独立したページ設定メニューがなく、すべて「印刷」メニューにより行うこととなります。 上部のメニューから「印刷」(または「ファイル」>「印刷」)を選択するこ…

(Gスプレッドシート)印刷位置を用紙の左に寄せる

この記事の内容 「印刷」メニューで印刷内容をプレビューしたときに印刷内容が左右の中央に揃えられていますが、これを左に寄せる方法についてです。ポイント プレビュー画面の右側にあるメニューから「印刷形式」>「水平」と進むことで、左右の印刷位置を…

(Gスプレッドシート)テキストボックスを作成する

Googleスプレッドシートで通常のセルとは別に、テキストボックスを設置してその中に文字を表示する方法についてです。 上部のメニューから「挿入」>「図形描画」と進み、編集ダイアログで「T」のマークをクリックすることでテキストボックスを作成できます…

(Gスプレッドシート)タイトル行(毎ページ印刷される行)の設定

この記事の内容 Googleスプレッドシートでタイトル行(各ページの最初に共通して印刷される行)を設定する方法についてです。ポイント 「表示」>「固定」により行の固定(Excelでいうウインドウ枠の固定)を行うと、同時にタイトル行が設定されます。 解除…

(Gスプレッドシート)月末の日付を求める(EOMONTH関数)

この記事の内容 月末の日付は月によって30日だったり31日だったりしますので求めるのは難しそうに見えますが、EOMONTH関数により簡単に求まりますので使い方を紹介します。ポイント EOMONTH関数により、指定した日付が属する月の月末の日付を求めることがで…

(Gスプレッドシート)日付と曜日を一緒に表示する表示形式(書式設定)

この記事の内容 Googleスプレッドシートのセルの表示形式(書式設定)により、日付とともに曜日を表示する方法についてです。ポイント 上部のメニューから「表示形式」>「数字」>「表示形式の詳細設定」>「カスタム数値形式」と進んでカスタムの書式を設…

(Gスプレッドシート)文字列の回転角度を1度単位で指定する

この記事の内容 文字列の回転の角度はリストから15度単位で選択できますが、これをより細かく指定する方法についてです。ポイント 「テキストを回転」のアイコンから進み、角度表示の欄に半角数字を直接入力すれば回転角度を1度単位で指定できます。手順 「…

(Gスプレッドシート)セルをチェックボックスにして入力する

この記事の内容 Googleスプレッドシートでセルへの値の入力にチェックボックスを用いることができますので、その方法を紹介します。ポイント メニューの「挿入」>「チェックボックス」により、セルの外見をチェックボックスにしてクリックで値を入力するこ…

(Gスプレッドシート)ソート機能でランダムに並べ替える

Googleスプレッドシートで昇順、降順のソートと同様の操作でランダムに並べ替える方法について紹介します。 これによりRANDBETWEEN関数などの関数を使わずに抽選を行うことができます。 セル範囲を選択した状態で右クリックし「範囲をランダム化」を選択する…

(Gスプレッドシート)値の重複を除いたリストを作る(UNIQUE関数)

この記事の内容 リスト内の値の重複を取り除き、それぞれの値が1回ずつ現れるリストを作る方法についてです。 ここではUNIQUE関数による方法を紹介します。ポイント UNIQUE関数により値の重複を除いたリストを作ることができます。手順 B3からB12までのセル…

(Gスプレッドシート)グリッド線の表示・非表示を切り替える

Googleスプレッドシートで、シートに最初から表示されている薄いグリッド線(Excelでいうところの枠線)の表示・非表示を切り替える方法についてです。 メニューの「表示」→「グリッド線」で表示・非表示を切り替えられます。 画面上に表示させつつ印刷させ…

(Gスプレッドシート)セルに簡易な折れ線グラフを表示する(SPARKLINE関数)

Googleスプレッドシートにも本格的なグラフ機能がありますが、その他にSPARKLINE関数という関数だけで簡単なグラフを作ることも可能です。 このSPARKLINE関数について紹介します。 SPARKLINE関数により1つのセル内に収まるグラフを表示することができます。…