いきなり答える備忘録

G Suite・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモと日々の実験

(Gスライド)図形を等間隔に整列させる

 Googleスライドで複数の図形を等間隔に揃えて並べる方法についてです。結果として図形間のスペースが均等になります。左右方向と上下方向どちらでも整列させることができます。

  • 複数の図形を選択した状態で右クリックし「整列」→「左右(上下)」と選択することで、左右(上下)方向に整列させることができます。
  • 図形を1つずつドラッグして移動させるときも、出現するサインを目安にして等間隔に並べられます。

手順

複数の図形を一度に整列させる方法

f:id:accs2014:20200827232227p:plain:right:w600

 4つの四角形が左右に並んでいます。
 それぞれの間隔はバラバラですので、整列させて等間隔に並べるものとします。

f:id:accs2014:20200827232232p:plain:right:w500

 まずはすべての四角形を選択します。

f:id:accs2014:20200827232236p:plain:right:w600

 そしていずれかの四角形の上で右クリックし、現れるメニューから「整列」→「左右」と選択します。

 ※上部のメニューから「配置」→「整列」→「左右」と進む方法もあります。

f:id:accs2014:20200827232241p:plain:right:w500

 すると1,4の四角形はそのままで、2,3の四角形が移動することにより等間隔に並べなおされました。
 なお、図形が上下にずれていたり、離れている場合でも同様に整列させることができます(図形は上下方向には移動せず、左右方向に等間隔に並ぶ)。

f:id:accs2014:20200827232246p:plain:right:w500

 ところで、この画像は横幅が均一でない(2番の四角形が大きい)四角形を左右方向に整列させた様子です。
 これからわかるように、整列の効果は図形間のスペースを均等にすることであることに注意してください。

図形を1つずつ移動させて整列させる方法

f:id:accs2014:20200827232250p:plain:right:w550

 ここでも4つの四角形が左右に並んでいます。
 1,2の四角形はそのまま動かさず、ほかの2つを1つずつドラッグして移動させ、最終的に等間隔に並べるものとします。

f:id:accs2014:20200827232255p:plain:right:w550

 3番の四角形を左側にドラッグします。

f:id:accs2014:20200827232259p:plain:right:w550

 左側にある1,2の四角形の間隔(間のスペース)と、2,3の間隔が等しくなったときに水色のサインが出ます。
 ここで移動を止めると1,2,3の四角形が等間隔に並びます。

f:id:accs2014:20200827232303p:plain:right:w550

 さらに4番の四角形を左に移動させていきます。
 そして2,3の四角形の間隔と3,4の四角形の間隔が等しくなったときに水色のサインが出ます。
 ここで移動を止めると結果的にすべての四角形が等間隔に並ぶことになります。

 なお、図形が多少上下にずれていても水色のサインは出ますが、上下方向に大きく離れていると出ません。