(Gスプレッドシート)グラフに近似直線(曲線)・近似式・決定係数を表示する

 Googleスプレッドシートで、散布図等のグラフに近似直線(回帰直線)や近似曲線、近似式、決定係数を表示する方法についてです。

  • 散布図や折れ線グラフ、棒グラフではグラフを右クリックし「系列」メニューに進むことで、近似直線(曲線)や近似式、決定係数を表示することができます。

手順

f:id:accs2014:20191124145208p:plain:right:w650

 例として散布図に近似直線等を表示してみます。
 画像は「気温(℃)」を横軸、「売上高(万円)」を縦軸とする散布図を作成したところです。

f:id:accs2014:20191124145212p:plain:right:w600

 グラフを右クリックし、メニューから「系列」→「売上高(万円)」と進みクリックします。

f:id:accs2014:20191124145217p:plain:right:w350

 ウインドウの右側に「グラフエディタ」のペインが現れ、「系列」のメニューが開いた状態となります。
 このまま下に進みます。

f:id:accs2014:20191124145221p:plain:right:w350

 すると「トレンドライン」という項目がありますのでチェックを入れます。
 「種類」は「線形」とします(デフォルト)。

f:id:accs2014:20191124145226p:plain:right:w550

 これでグラフに近似直線(回帰直線)が表示されます。
 「種類」で「多項式」などを選択して近似曲線にすることもできます。

f:id:accs2014:20191124145230p:plain:right:w350

 ペインに戻ってさらに下に進み、「ラベル」から「方程式を使用」を選択します。
 また、「決定係数を表示する」にチェックを入れます。

f:id:accs2014:20191124145234p:plain:right:w550

 これでグラフに近似式と決定係数が表示されます。