いきなり答える備忘録

Google Workspace(旧G Suite)・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモ

(Gスプレッドシート)「検索と置換」では正規表現の先読み/後読みができる

 Googleスプレッドシートの「検索と置換」メニューで使える先読みと後読みについてです。先読みと後読みの詳しい解説は省略し、ここでは使用例だけ紹介します。

  • 「検索と置換」メニューで正規表現の先読みと後読みを使うことができます。

手順

 B3:B6に入力されている文字列のうち、「りんご」よりも前にある文字を削るものとします(つまりB3セル内の「青森県産」という部分とB5セル内にある「米国産」という部分を削る)。

 これを「検索と置換」メニューを使ってやってみます。


 手順は次のとおりです。

  1. B3:B6の範囲を選択する。
  2. ダイアログ中の「正規表現を使用した検索」にチェックを入れる(「大文字と小文字の区別」にも自動的にチェックが入る)。
  3. 「検索」欄に(一例として)「.+(?=りんご)」と入力する。
  4. 「すべて置換」をクリックする。


       すると狙いどおりに削除ができました。これが「肯定先読み」の使用例です。

       「肯定先読み」は「先方(文字列の右側)に~が続く」という意味です。これを含めて先読みと後読みは次の4種に分類されます。

      • 肯定先読み……先方(右側)に~(パターン)が続く。正規表現は「(?=パターン)」
      • 否定先読み……先方に~が続かない。正規表現は「(?!パターン)」
      • 肯定後読み……後方(左側)に~が続く。正規表現は「(?<=パターン)」
      • 否定後読み……後方に~が続かない。正規表現は「(?<!パターン)」

       これらの先読みと後読みはREGEX~関数では使えません。