いきなり答える備忘録

Google Workspace(旧G Suite)・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモ

(LibreOffice Calc)セル内の文字を上下逆にする

 LibreOffice Calcで、セルに入力されている文字を180°回転させて上下逆にする方法についてです(上下鏡像ではありません)。

  • 対象とするセルを選択して、メニューから「書式」→「セル」と選択します。
  • ダイアログ内の「配置」タブを選択し、「度」の値を「180°」にしてOKすれば文字が180°回転し上下が逆になります。
  • 実際はセル内の文字列全体が180°回転していますので文字の順序も右から左の順になります。

手順

f:id:accs2014:20210428024722p:plain:right:w500

 対象とするセルを選択した状態で、メニューから「書式」→「セル」と選択します。

f:id:accs2014:20210428025646p:plain:right:w550

 ダイアログが現れます。
 ここで「配置」タブを選択し、「度」と書かれた欄の値を「180°」にします。スピンボタンがありますが数値を直接入力することもできます。
 あとはOKをクリックすれば設定完了です。

f:id:accs2014:20210428024730p:plain:right:w450

 文字が180°回転しました。
 ただしこの設定は個々の文字ではなく文字列全体を回転させますので、文字の順序も右から左になります(90°とすれば文字は縦に並びます。ただし縦書きとは異なり文字も90°傾きますので注意。縦書きは上記のダイアログ内に見える「縦書き」にチェックを入れれば可能です)。
 また、文字列が中央に寄ってますが改めて左揃え・右揃えを設定すれば左右に寄せることができます。