(Gドキュメント)自動置換の設定と解除

 Googleドキュメントで、例えば「(C)」と入力すると自動的に「🄫」に修正される、自動置換の設定とその解除についてです。
 Wordでいうところのオートコレクトの機能の一部(自動修正)に相当します。

  • メニューから「ツール」→「設定」と進み、ダイアログの「置換」タブを選択することで自動置換の設定ができます。

手順

f:id:accs2014:20200501002329p:plain:right:w400

 まずは機能の確認です。
 文中に「(C)」と入力すると……

f:id:accs2014:20200501002333p:plain:right:w400

 自動的に「🄫」に置き換わります。これが自動置換の動作です。

 以下ではこの「(C)」から「🄫」への置換の設定を解除してみます。

f:id:accs2014:20200501002337p:plain:right:w600

 メニューから「ツール」→「設定」と進みます。

f:id:accs2014:20200501002341p:plain:right:w400

 ダイアログが現れますが、ここで「置換」タブを選択するとこのように自動置換の設定が現れます。

f:id:accs2014:20200501002347p:plain:right:w400

 「(C)」と「🄫」が記された欄の左側にあるチェックを外し、右下の「OK」をクリックします。
 これで「(C)」から「🄫」への置換は行われなくなります。
 
 自動置換を全く利用しない場合は、左上の辺りに見える「自動置換」のチェックを外せば一発です

 なお、右側の「×」を選択すれば個々の置換設定そのものを削除することができます。
 また、中央やや上の空欄に入力することでカスタムの置換パターンを追加することも可能です。

f:id:accs2014:20200501002351p:plain:right:w400

 設定変更後に「(C)」と入力した様子です。
 自動置換はされず、そのまま表示されています。