いきなり答える備忘録

Google Workspace・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモ

(Gスライド)文字の色を変更する方法

 Googleスライドで、テキストボックスや図形内に入力されている文字の色を変更する方法について紹介します。

  • テキストボックス等を選択してメニューからテキストの色のアイコンをクリックすることで、文字の色を変更できます。 
  • 縁取りやグラデーションを使いたい場合はワードアートを使用します。

基本的な設定

 対象とするテキストボックスを選択し、メニューにある「テキストの色」のアイコンをクリックします。

 


 パレットが出現しますので、ここから適当な色を選択します。
 ここでは赤を選択します。

 


 文字の色が変更されました。
 テキストボックス内の一部の文字を選択した状態で設定すれば、その文字だけ変更できます。

 


 なお、ウインドウ(ブラウザ)の幅が十分に広くないとアイコンが見えないことがあります。
 このときは「もっと見る」のアイコンをクリックすれば出現します。

詳細設定

 テキストの色のアイコンをクリックして、「カスタム」の欄にある⊕のマークをクリックします。

 


 するとダイアログが現れます。
 ここではスライダ等を使った細かい色指定ができます。16進数の色コードなどで色を指定することもできます。

 


 また、スポイトのアイコンをクリックすれば、画面(デスクトップ)上の任意の位置にある色を指定してその色に変更することができます。

 スポイト機能の使用例については次の記事で紹介していますのでご覧ください。

(Gスライド)スポイトで色を採取する方法 - いきなり答える備忘録

縁取りやグラデーション等の設定について

 通常のテキストボックスや図形内の文字では1つの色の指定しかできませんが、ワードアートを使えば縁取りやグラデーションを使った塗りつぶしができます。

 具体例については次の記事で紹介していますのでご覧ください。

(Gスライド)縁取り文字を作る - いきなり答える備忘録

(Gスライド)文字にグラデーションをかける - いきなり答える備忘録