いきなり答える備忘録

Google Workspace(旧G Suite)・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモ

(Gスライド)自由な形の多角形を作る

 Googleスライドで、任意の多角形を作成する方法についてです。
 作成した多角形の枠線や塗りつぶしは変更できますが、テキストを追加することはできません。

  • メニューから「挿入」→「線」→「多角形」と選択し、スライド上で頂点となる点をクリックしていくことで自由に多角形を作ることができます。

手順

 ウインドウ上部のメニューから「挿入」→「線」→「多角形」と選択します。

 「挿入」→「図形」ではないところがポイントです。


 マウスポインタが十字に変わりますので、そのまま頂点とする場所をクリックしていきます。


 最初に置いた頂点の位置に戻って再度クリックすると……


 多角形が完成します。

 「挿入」→「図形」と進んでも三角形は作れますが、鈍角三角形(3つの内角のうち1つの角度が90度を超える三角形)を作ることができません。
 しかしこの「多角形」のメニューを使えば簡単に作ることができます。


 もちろん枠線や塗りつぶしの設定も可能です。
 ただしこの方法で作った図形にはテキストを追加することはできません


 また、この方法で作った図形を右クリックすると「頂点を編集」というメニューが現れます。
 これを選択すると……

 頂点に円いマークが現れます。
 これをドラッグして頂点の位置を変更することができます。


 クリックする箇所を増やすことで四角形や五角形、さらに頂点の多い多角形を作ることもできます。
 また、クリックする順番によって、画像のようにねじれたような形状の多角形を作ることもできます。