いきなり答える備忘録

Google Workspace(旧G Suite)・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモ

(Gスライド)半透明の文字を作る

 Googleスライドでは、テキストボックス等の文字を透過させることはできませんが、半透明な文字を作ることは可能です。

  • ワードアートに透明度を設定することで、文字を透過させることができます。

手順

 スライドには先に画像が置いてあります。
 ここでメニューから「挿入」→「ワードアート」と選択してワードアートを作成します。


 画像の上にワードアートを重ねました。


 ワードアートを選択した状態で枠線のアイコン(ペンのアイコン)を選択し、文字の縁を透明にしておきます。
 縁は半透明にできないからです。


 さらに塗りつぶしのアイコン(バケツのアイコン)を選択し、色を設定しておきます。
 ここでは赤を選択します。


※この後説明する透過度の設定を行ってから色を変えると、透過度がリセットされてしまいます。



 ここまでの設定でこのようになりました。


 最後に透過度の設定です。
 ワードアートを選択したまま再度塗りつぶしのアイコンをクリックし、「カスタム」のところにある⊕のマークをクリックします。


 ダイアログが現れますので、透明度のスライダーを動かして調整します(プレビューはできませんが)。
 あとはOKをクリックすれば設定完了です。

 文字が半透明になりました。

 なお、色の調整についてはパレットを使わず最初から⊕に進んで透明度と同時に設定することもできますが、色の指定方法が複雑になります。