いきなり答える備忘録

Google Workspace(旧G Suite)・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモ

(Gスプレッドシート)整数値の下n桁を抽出する

 Googleスプレッドシートで、整数値の下n桁を数値として取得する方法についてです。
 数値がマイナスである場合にプラスの値を返す場合と、マイナスの値を返す場合の両方の例を試してみます。

  • MOD関数やROUNDDOWN関数などを使い、数値の下n桁を取得することができます。

手順

数値がマイナスでもプラスの値を返す場合

f:id:accs2014:20220121132116p:plain:right:w400

 画像ではB列に整数値がいくつか並んでいます。
 これに足しC3セルに次のような式を入力し、下方にコピーすることで下3桁の値を抽出しています。

 C3セル

=MOD(ABS(B3),10^3)

 ABS関数で数値を絶対値に変換し、10の3乗(10^3=1000)で割った余りを取得しています。
 下n桁を取得する場合はこの3の部分をnに変更すればOKです。

 なお、数値に小数がついている場合は整数部分の下n桁と小数部を含めた値が返ります(例:12345.67→345.67)。整数部分だけ取り出したい場合は丸めの効果を考慮しつつ別の関数を組み合わせる必要があります。

数値がマイナスならマイナスの値を返す場合

f:id:accs2014:20220121132120p:plain:right:w400

 こちらは数値がマイナスの時にマイナスの値(マイナスの符号とn桁の数値)を取得する例です。
 C3セルに次のような式を入力して下方にコピーしています。

 C3セル

=B3-ROUNDDOWN(B3,-3)

 ROUNDDOWN関数はマイナスの値に対して切り上げを行う(例:-1234→-1000)のでこのような結果になります。下n桁を取得する場合はこの-3の部分を-nに変更すればOKです。マイナスをつけることに注意が必要です。
 なお、この式も、数値に小数がついている場合は整数部分の下n桁と小数部を含めた値を返します(例:12345.67→345.67)。