いきなり答える備忘録

Google Workspace(旧G Suite)・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモ

(Gスライド)上付き文字と下付き文字の設定

 Googleスライドで、上付き文字(上添え字)や下付き文字(下添え字)を設定する方法についてです。べき乗の表示などに使えます。

  • 文字を選択した状態で、メニューから「表示形式」→「テキスト」→「上付き文字(下付き文字)」と選択して上付き文字(下付き文字)にすることができます。

手順

f:id:accs2014:20210622125638p:plain:right:w600

 2つの文字列が並んでいます。
 上の文字列中の「2」を上付き文字(上添え字)に、下の文字列中の「2」を下付き文字(下添え字)にしてみます。

 

f:id:accs2014:20210622125642p:plain:right:w500

 上の文字列中の「2」の文字を選択します。

 

f:id:accs2014:20210622125645p:plain:right:w600

 そのままメニューから「表示形式」→「テキスト」→「上付き文字」と選択します。

 

f:id:accs2014:20210622125650p:plain:right:w500

 文字が他の字より小さくなり、上付き文字として表示されるようになりました。

 

f:id:accs2014:20210622125654p:plain:right:w500

 下の文字列中の「2」についても同様にしてメニューから「表示形式」→「テキスト」→「下付き文字」と選択した結果です。
 字が小さくなり、下付き文字として表示されるようになりました。