いきなり答える備忘録

Google Workspace(旧G Suite)・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモ

(Gスプレッドシート)COUNTUNIQUE関数はエラーの種類をも数える

 Googleスプレッドシートで値の種類をカウントするCOUNTUNIQUE関数の挙動についてです。

  • COUNTUNIQUE関数は数値や文字列だけでなく、エラーについてもそれぞれの種類ごとにカウントします。
  • COUNTUNIQUEIFS関数も同様です。

手順

f:id:accs2014:20201213010820p:plain:right:w500

 画像ではD3セルに「=COUNTUNIQUE(B3:B12)」と入力し、B3:B12の範囲にある値の種類をカウントしています。
 結果は「7」となっており、「12345」「あいうえお」のほか、5種のエラーについてもそれぞれカウントしていることがわかります。

f:id:accs2014:20201213010826p:plain:right:w500

 エラーを除いてカウントする方法としては、IFERROR関数を使って次の式のようにするのが一つの方法です。

 D3セル

=COUNTUNIQUE(IFERROR(B3:B12,""))

 COUNTUNIQUE関数は空文字列をカウントしないので結果は「2」となっています。
 空白セルもカウントされないので、「""」を省略しても同じ結果になります。

 なお、COUNTUNIQUEIFS関数についても同様にエラーの種類をカウントします。ただしCOUNTUNIQUE関数と異なり第1引数は範囲(セル参照)以外にはできないので、上記のようなIFERROR関数との組み合わせは制限されます。