いきなり答える備忘録

G Suite・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモと日々の実験

(Gスプレッドシート)シートの非表示/再表示の設定

 Googleスプレッドシートで、シートを非表示にする方法と再度表示する方法についてです。
 更新する頻度が低いシートや中間的なデータ加工用シート、むやみに操作されたくないシートを隠しておくのに有効です。

  • ウインドウ下部のシート名の右にある▼マークをクリックし「シートを非表示」を選択するとシートは表示されなくなります。
  • ウインドウの左下部の「三」のようなアイコンをクリックし、非表示になっているシートの名前を選択するとシートは再表示されます。
  • すべてのシートを非表示にすることはできず、少なくとも1つのシートは表示させておく必要があります。

手順

シートを非表示にする

f:id:accs2014:20200906211922p:plain:right:w450

 シートを非表示にするには、ウインドウ下部のシート名の右側にある「▼」のマークをクリックし、メニューから「シートを非表示」を選択します。

 画像では「シート2」を非表示にしようとしています。

 

f:id:accs2014:20200906211926p:plain:right:w450

 「シートを非表示」を選択すると「シート2」は表示されなくなり、他のシートに表示が切り替わりました。

 更新する頻度が低いシートや中間的な計算式が置いてあるだけのシート等を間違って選択したり誤操作されたくない場合に有効です。

シートを再表示する

f:id:accs2014:20200906211932p:plain:right:w450

 非表示になったシートを再度表示させるときは、ウインドウの左下部にある「三」のようなアイコンをクリックし、非表示になっているシートの名前を選択します。

 

f:id:accs2014:20200906211937p:plain:right:w450

 すると非表示になっていたシートが再度表示されました。
 再表示の操作自体は簡単ですので、重要なデータを誤消去されるのを防ぎたい場合はシートの保護などと併せて使用した方がよさそうです。

 なお、すべてのシートを非表示にしようとしてもできません(メニューがグレーアウトされ選択できなくなります)。少なくとも1つのシートを表示させておく必要があります。