いきなり答える備忘録

G Suite・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモと日々の実験

(Gドキュメント)偶数ページと奇数ページで異なるヘッダーを指定する

 Googleドキュメントで、偶数ページと奇数ページのヘッダーの内容を別々に指定する方法についてです。

  • 「挿入」→「ヘッダーとフッター」→「ヘッダー」→「オプション」→「ヘッダーの形式」と進むことで偶数ページと奇数ページのヘッダーを個別に設定することができます。

手順


f:id:accs2014:20200315120745p:plain:right:w650

 ドキュメントの1ページ目を開いている状態です。
 メニューから「挿入」→「ヘッダーとフッター」→「ヘッダー」と選択します。

 

 ヘッダーと本文を区切る帯の部分が現れますので、その右端にある「オプション」を選び、さらに「ヘッダーの形式」に進みます。

f:id:accs2014:20200315120749p:plain:w780

 

f:id:accs2014:20200315120754p:plain:right:w350

 ダイアログが現れますので「奇数/偶数ページ別指定」にチェックを入れて「適用」をクリックします。
 以上で基本的な設定な終了です。

f:id:accs2014:20200315120759p:plain:right:w600

 帯の部分に「奇数ページのヘッダー」と表示されていることからわかるように、偶数ページと奇数ページのヘッダーが別々のものとして区別されています。
 画像は、奇数ページのヘッダーの内容として「これは奇数ページのヘッダーです」という文字列を入力したところです。

 さらに2ページ目に進んで「これは偶数ページのヘッダーです」と入力し、さらに右側に揃えてみたところです。
 このように文字列だけでなくレイアウトも別個に調整できますので、両面印刷に応じた見やすいヘッダーの設定が可能です。

f:id:accs2014:20200315120803p:plain:w780