いきなり答える備忘録

G Suite・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモと日々の実験

(LibreOffice Calc)フォントワーク(ワードアート)を作成する

 MS OfficeでのワードアートはLibreOfficeではフォントワークといいます。このフォントワークのCalcでの作成と簡単な設定の方法についてです。

  • メニューから「挿入」→「フォントワーク」と進むことでフォントワーク(ワードアート)を作成することができます。

手順

f:id:accs2014:20200125154403p:plain:right:w400

 上部のメニューから「挿入」→「フォントワーク」と選択します。

f:id:accs2014:20200125154408p:plain:right:w350

 ダイアログが現れますので好みのスタイルを選択してOKします。

f:id:accs2014:20200125154412p:plain:right:w450

 するととりあえず「Fontwork」の文字列が入力された状態でフォントワークが設置されます。

f:id:accs2014:20200125154415p:plain:right:w450

 文字列を変更するときはフォントワークをダブルクリックして中央部に文字列を表示させます。
 背後のセルをダブルクリックしてしまう場合がありますので注意してください。

f:id:accs2014:20200125154419p:plain:right:w450

 この文字列を書き換えます。
 Enterキーを押すと改行になりますので、入力が終わったら適当な場所をクリックして離れてください。

f:id:accs2014:20200125154423p:plain:right:w450

 すると文字列が変更されました。

f:id:accs2014:20200125154426p:plain:right:w650

 ワードアートを選択した状態ではさまざまなメニューが現れ、設定を行うことができます。
 詳細は省略しますが、フォントワークの種類によっては3D効果の設定も可能です。

f:id:accs2014:20200125154431p:plain:right:w600

 ところでフォントの変更ですが、先ほどの文字入力のところで、文字を選択した状態でメニューからフォント名を選ぶことで変更できます。

f:id:accs2014:20200125154435p:plain:right:w450

 フォントが変更されました。
 ただしフォントワークの種類によっては影響を受けないケースもあるようです。