いきなり答える備忘録

G Suite・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモと日々の実験

(Gドキュメント)ワードアートを作成する

 Googleドキュメントでの、ワードアートの作り方についてです。
 文字の回転や拡大縮小が自由にできるようになるほかフチをつけることができて便利ですが、Wordほど凝った表現はできません。

  • メニューから「挿入」→「描画」→「新規」と進み、ダイアログで「操作」→「ワードアート」と選択することでワードアートを作成できます。

手順

f:id:accs2014:20191221153720p:plain:right:w600

 まずはメニューから「挿入」→「描画」→「新規」と進みます。

f:id:accs2014:20191221153724p:plain:right:w600

 ダイアログが現れますので、さらにメニューから「操作」→「ワードアート」と選択します。

f:id:accs2014:20191221153729p:plain:right:w650

 テキストボックスが現れますので表示させたい文字列を入力します。
 表示されているように改行はShift+Enterで行います。

f:id:accs2014:20191221153733p:plain:right:w550

 Enterキーで入力を確定するとワードアートが現れます。

f:id:accs2014:20191221153738p:plain:right:w550

 ワードアートは各種の図形と同様に回転や拡大縮小ができます。
 また、上部のメニューにより塗りつぶし色・外側の線の色・線の幅、線の種類、フォント、太字、斜体の設定ができます。