(Gスプレッドシート)セル内のテキストの折り返しと切り詰め

 セル内に長い文字列を入力した際に、文字列を折り返して表示したり、長すぎる部分を隠す方法についてです。

  • セル内の長い文字列の表示方法は「はみ出す」(デフォルト)、「折り返す」、「切り詰める」の3種から選ぶことができます。

手順

f:id:accs2014:20191110235208p:plain:right:w450

 セル内に、普通に長い文字列を入力してみます。

f:id:accs2014:20191110235212p:plain:right:w450

 確定すると、文字列はセルから右側にはみ出るように表示されました。

 そこでメニューからf:id:accs2014:20191111000624p:plainのアイコンをクリックします。
 文字列がはみ出るのはこのメニューの設定が「はみ出す」(デフォルト)になっているからで、「折り返す」や「切り詰める」を選ぶことで表示のしかたを変えることができます。

f:id:accs2014:20191110235215p:plain:w750

f:id:accs2014:20191110235219p:plain:right:w450

 「折り返す」を選んだところです。
 文字列は折り返されて複数行表示となり、セルの高さも自動的に調整されます。

f:id:accs2014:20191110235223p:plain:right:w450

 また、「切り詰める」を選ぶと文字列が見切れます。

 なお、「はみ出す」にしていても、右側のセルにテキスト等が入力されているとそちらの表示が優先され、結果的に「切り詰める」と同じような表示になります。