いきなり答える備忘録

G Suite・Microsoft 365・LibreOfficeなどに関するメモと日々の実験

(Gスプレッドシート)行の背景色を交互に変える設定

 Googleスプレッドシートで1行おきに背景色を変える方法についてです。
 条件付き書式でも実現できますが、より簡単な設定があります。

  • ウインドウ上部のメニューから「表示形式」→「交互の背景色」と進むことで、1行おきに背景色を変える設定ができます。

手順

f:id:accs2014:20191102173626p:plain:right:w500

 適当な表を作ってみたところです。

f:id:accs2014:20191102173631p:plain:right:w500

 表の内部の適当なセルを選んだ状態で、上部のメニューから「表示形式」→「交互の背景色」と進みます。

f:id:accs2014:20191102173636p:plain:right:w650

 表に自動的に着色されるとともに、右側に詳細設定メニューが現れます。

 なお、この例では設定範囲が自動的に判定されていますが、何もないところで背景色の設定をする場合は、設定しようとするセル範囲全体を選んでから「表示形式」→「交互の背景色」と進みます。

f:id:accs2014:20191102173640p:plain:right:w500

 画像は表から1つの行(秋田県の行)を削除したところですが、背景色が交互に変わるという設定は保たれています。
 手動で背景色を設置した場合にはこうはなりません。

f:id:accs2014:20191102173645p:plain:right:w450

 1行おきに着色されている行の色が少し薄いので、濃い色を変更してみます。
 右側のメニューの「色2」と表示されているところの右側の小さい円(横に▲のマークがある)の部分をクリックし、パレットから色を選択します。

f:id:accs2014:20191102173649p:plain:right:w600

 色が変わりました。
 先頭行の色を変えるときは「ヘッダー」の右の円を、色がついていない行の色を変えるときは「色1」の右の円をクリックして同様に設定します。

f:id:accs2014:20191102173655p:plain:right:w600

 また、「ヘッダー」「フッター」のチェックボックスをOn(Off)にすることにより、先頭行と最終行の背景色を別個に設定(解除)することができます。