(LibreOffice Base)主キーを設定する

 LibreOffice Baseでテーブル上のレコードを特定する際に必要な、主キーの設定についてです。

  • テーブルをデザイン表示し、主キーにしようとするフィールドの左端の灰色部分を右クリックして「プライマリキー」をすることで主キーを設定できます。
  • 主キーとなったフィールド(列)は値の重複が許されなくなります。また、Nullにすることもできなくなります。

手順

f:id:accs2014:20190422130712p:plain:right:w450

 テーブルをデザイン表示で開き、主キーにしようとするフィールド(この画像では「社員番号」)の左端の灰色の部分(レコードセレクタ)にマウスカーソルを合わせます。

f:id:accs2014:20190422125651p:plain:right:w450

 右クリックして「プライマリキー」を選択します。

f:id:accs2014:20190422125649p:plain:right:w400

 ちょっと小さくてわかりにくいですが、主キーのマーク(鍵)が現れました。

 主キーとなったフィールド(列)には、他のレコード(行)と重複する値を記録することができなくなります。また、値をNullにすることもできなくなります。
 主キーの値とフィールド名を指定することで、テーブル上の任意のレコードの任意のフィールドの値を参照することができるようになります。