(LibreOffice Base)Java実行環境(JRE)のインストール

 LibreOfficeのBaseを利用するにあたり必要となるJava(JRE)のインストールについてです。
  • JavaがないとデータベースエンジンとしてHSQLDBを利用できないほか、Firebirdを選択してもBaseの各種ウイザードの利用やレポートの作成などができません。
  • 32/64bitの区別を間違えると動きません。

手順

f:id:accs2014:20190422085910p:plain:right:w500

 JavaがなくてもFirebirdを選べばテーブル作成などは普通にできますが、各種ウイザードの利用やレポートの作成などができないため事実上Javaが不可欠となります。
 画像はJavaをインストールしないままウイザードを利用しようとしたときの警告メッセージです。

 Javaは無料ダウンロードできますが何も考えずダウンロードページを進んでいくと32bit版が堂々インストールされてしまいますので(2019年4月現在)、64bit版については下記のページから選択してダウンロードしてください。

www.java.com

f:id:accs2014:20190422091307p:plain:right:w600

 なお、「ツール」→「オプション」→「LibreOffice」→「詳細」と進むことで、適切なJavaがインストールされているかどうかを確認することもできます。
 画像はインストール後の様子です。インストールされていないと右側のリストが空欄になります。