(Gドキュメント)テキストボックスを作成する

この記事の内容

 Googleドキュメントで通常の地の文章とは別に、テキストボックスを設置してその中に文字を表示する方法についてです。

ポイント
 上部のメニューから「挿入」>「図形描画」>「新規」と進み、編集ダイアログで「T」のマークをクリックすることでテキストボックスを作成できます。
 デフォルトでは枠線が透明なので、線種や線色を適宜指定します。

手順

f:id:accs2014:20190401132816p:plain:right:w500

 上部のメニューから「挿入」>「図形描画」>「新規」と選択します。

f:id:accs2014:20190401132813p:plain:right:w500

 図形編集用のダイアログが現れます。
 ここで現れる「T」のマークがテキストボックス作成ボタンですのでこれをクリックし、下部フィールド内でマウスポインタをドラッグして描画します。

f:id:accs2014:20190401132809p:plain:right:w500

 あとは内部にテキストを入力します。

f:id:accs2014:20190401132804p:plain:right:w500

 ただし、そのままでは枠線が透明になりますので、上部のボタンを使って線の色、太さなどを適宜設定します。
 終わったら右上の「保存して終了」をクリックします。

f:id:accs2014:20190401132801p:plain:right:w450

 テキストボックスが表示されました。
 文字の折り返し位置が変わってしまっていますが、テキストボックスをクリックしたときに現れる「編集」を選ぶ(またはテキストボックスをダブルクリック)ことにより再編集することができます。

 なお、テキストの回り込みについては次の記事に記載しています。
www.officeisyours.com