(Gスプレッドシート)日付と曜日を一緒に表示する表示形式(書式設定)

この記事の内容

 Googleスプレッドシートのセルの表示形式(書式設定)により、日付とともに曜日を表示する方法についてです。

ポイント
 上部のメニューから「表示形式」>「数字」>「表示形式の詳細設定」>「カスタム数値形式」と進んでカスタムの書式を設定することができます。
 曜日を表す書式の記号は「aaa」「ddd」(どちらも表示は「月」~「日」)と「aaaa」「dddd」(どちらも表示は「月曜日」~「日曜日」)があります。
 「その他の日付や時刻の形式」に進んでも同様の設定が可能です。

手順

f:id:accs2014:20190327105901p:plain:right:w650

 対象となるセル範囲を選択した状態で、上部のメニューから「表示形式」>「数字」>「表示形式の詳細設定」>「カスタム数値形式」と進みます。

f:id:accs2014:20190327105858p:plain:right:w450

 カスタム用のダイアログが現れます。
 この場合、上部のテキストボックスに最初から「yyyy/m/d」が記入されています。

f:id:accs2014:20190327105855p:plain:right:w450

 そこでテキストボックスを編集し、後ろに「(aaa)」を加えます。

 カッコはそのまま表示されます。「aaa」(または「ddd」)とすると曜日は漢字1文字(月~日)で表示され、「aaaa」(または「dddd」)とすると漢字3文字(月曜日~日曜日)で表示されます。

f:id:accs2014:20190327105852p:plain:right:w350

 「適用」をクリックすると日付と曜日が併記されました。

「その他の日付や時刻の形式」から設定する場合

f:id:accs2014:20190327112551p:plain:right:w500

 上記のメニュー選択で「カスタム数値形式」ではなく「その他の日付や時刻の形式」に進んだ場合、上記と同じ結果にするためには画像のように設定します。
 ボックス内の「/」やカッコは直接キーボードで編集できますし、丸みのある棒状のユニットはボックス右側の「▼」をクリックすることで追加できます。
 曜日を表示させる場合は「日」のユニットを追加し、その右端をクリックして「曜日の省略形」または「曜日の非省略形」を選択します。