(Gスプレッドシート)セルをチェックボックスにして入力する

この記事の内容

 Googleスプレッドシートでセルへの値の入力にチェックボックスを用いることができますので、その方法を紹介します。

ポイント
 メニューの「挿入」>「チェックボックス」により、セルの外見をチェックボックスにしてクリックで値を入力することができます。
 セルに記録される値はTRUE(チェックあり)またはFALSE(チェックなし)ですが、カスタムの値を設定することもできます。

手順

f:id:accs2014:20190324135721p:plain:right:w550

 対象となるセル範囲G3:G8を選択して、上部のメニューから「挿入」>「チェックボックス」と選択します。

f:id:accs2014:20190324135717p:plain:right:w300

 チェックボックスが表示されました。これは独立したコントロール(オブジェクト)ではなく「セルの見た目がチェックボックス状になった」ものです。つまり入力規則によってコンボボックス(リスト)で入力するのと同様であり、実際に右クリックメニューの「データの入力規則」からチェックボックスを設定することもできます。
 なお、フォントと同様に色を変えることもできますし、Deleteキーなどで値ごと削除することもできます。

f:id:accs2014:20190324135714p:plain:right:w300

 チェックが入っているときのセルの値はTRUE、入っていないときの値はFALSEとなりますので、次のような式でチェックありの数をカウントすることができます。

=COUNTIF(G3:G8,TRUE)

f:id:accs2014:20190324135711p:plain:right:w300

 正しくカウントできました。

カスタムの値を設定する

f:id:accs2014:20190324135708p:plain:right:w450

 チェックボックスになっているセル範囲を選択して上部のメニューから「データ」>「データの入力規則」を選択します。

f:id:accs2014:20190324135748p:plain:right:w550

 ダイアログが出ますので「カスタムのセル値を使用する」にチェックを入れて、チェックありの場合の値となしの場合の値をそれぞれ入力します。
 画像のように数値を設定しておけば、SUM関数でカウントを集計することができます。